かっぱのあしあと

3000の願い 



3月3日は「ひなまつり」
一部では「女の子のまつり」とか「男の子の節句」などという
性別を区別したことに異論を唱える思想もあると聞きますが、
まぁややこしいことは抜きにして楽しくやろうじゃありませんか。

ここ可睡斉がこれほどの雛飾りを展示するようになったのは、
遠州地域のお寺で行われる「お焚き上げ」に由来するといいます。
昔は雛飾りを代々受け継いでいましたが、古くなったり傷んだりすると
お寺に奉納し、お焚き上げで人形供養を行っていました。

しかし最近では住宅事情や核家族化、少子化などの影響からか
奉納される人形箱を開けてみると非常に状態のいいものが増えました。
そこで折角キレイな人形が集まるのならと専用の倉庫に保管し、
こうしてひな祭りの頃に一気に展示して参拝客を集めています。
32段1200体ものひな壇だけでなく、境内に並べられた1800体の
人形を合わせておよそ3000体もの雛人形が楽しめます。

特にこの巨大なひな壇は丈夫な階段を組み立ててから
毛せんを敷き、上から徐々に2週間もかけて並べていきます。
中には傷んだり装具が無くなるものもあり、片付ける際には
専用の「お焚き上げ箱」に収められて供養に回されます。



可睡斉
2017/2/27 14:34 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/40秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:3200 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 15:09 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/15秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:200 Vintage 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 15:26 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
76mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/80秒 -0.3EV) WB:6000K ISO:250 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 14:16 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/60秒 -0.7EV) WB:4000K ISO:3200 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 13:12 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/160秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:3200 Natural 可睡斉


3000体もの人形を見て回りましたが、ひとつとして同じ顔を見た気がしません。
全ての人形の顔つきや表情が微妙に異なり、それぞれ個性を感じさせます。
これも手作りならではの繊細さと人形に込められた願いによるものでしょうか。









スポンサーサイト

[edit]

伝統と変革 



今日訪れたお寺が、夕方のローカル番組で採り上げられていました。
急速な少子高齢化の波は、檀家や氏子に支えられてきた
全国の神社や寺院の維持・経営に大きく影響しています。
そのため、県内の神社・寺院では参拝客を増やす様々な
催しなどの対策を打ち出しているとのことです。

ここ袋井市の「可睡斉」は家康公命名の古刹で、
東海道随一の修行寺として知られる大変有名なお寺です。
しかし檀家の減少もあって、数年前から「ひなまつり」を催します。
日本最大級の32段1200体あまりのお雛様をはじめ、
境内には数え切れないほどの雛人形が飾られます。

掛川市にある「龍尾神社」も氏子の高齢化・減少を見越して
20年ほど前に茶畑を開いて500本もの枝垂れ梅を植え、
今では桜に先立つ花見スポットとして県内外からも
多くの見物客を集めています。

やはり袋井市の「法多山 尊永寺」はもともと檀家が少なく、
有名な厄除け団子や様々なイベントでの集客が収入源でした。
寺社の衰えは参道沿いの商店などにも影響します。
そこで新たな参拝客集めとして「ごりやくカフェ」と称して
精進料理などを振舞う食事会を行ったり、参道にも
コーヒーショップを開くなどの対策を行っています。



可睡斉
2017/2/27 14:13 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/60秒 -0.7EV) WB:4000K ISO:1000 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 14:43 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F2.8 PRO
82mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/40秒 -0.3EV) WB:4800K ISO:3200 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 13:31 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F2.8 PRO
56mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/60秒 +1.7EV) WB:4500K ISO:800 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 13:05 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F2.8 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/125秒 -1.0EV) WB:4800K ISO:3200 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 14:06 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/60秒 -0.7EV) WB:4000K ISO:1600 Natural 可睡斉


こういったイベントは数週間からせいぜい数ヶ月程度の短期間なので
年中通しての集客にはなりませんが、どうしても地方の多くの
観光スポットは同じ事情で、先日訪れた河津町も桜まつりの期間中で
年間の観光収入の2/3以上を稼ぎ出しています。
何もしないよりは、こうして訪れる人がいてくれれば神社寺院の
維持経営には大きく寄与するし、知名度や親しみを覚えてもらう
だけでも大きな意味があるといわれています。

本来地域の信仰だけでなく集会や催しなど様々な機会で
拠点となってきた神社や寺院は、地方の商店街や学校などと同様に
少子高齢化の影響を強く受け存続すら危機的な状況です。
特に寺院では葬祭業者の増加でお寺を利用する檀家も減り
さらに後継者不足もあって廃業を余儀なくされる寺もあります。

寺院・神社は私も頻繁に撮影で訪れることが多いのですが、
もともとは信仰の場所であり観光スポットではないとはいえ
今後は伝統だけでなく変革を求められる時代になったのでしょうね。


[edit]

導きの光 

毎年会社で実施していた健康診断が人間ドッグに
置き換えられることになり、昨日初めて受診してきました。
予約を取るだけでも大変でしたが、現場に着くとさらに実感します。
受付には長蛇の列、各診断場所の前も椅子にかけるのが大変。
やっと座れたと思ったら呼び出されてはい、また次へ。

平日だというのになぜこんなに人間ドックの受診者が多いのか。
会計では、私の場合会社モチなので支払いはなかったのですが、
他の一般の方たちは万単位の金額を払っています。
不安だから受診する、そして専門家の判断を仰ぐのは理解できます。

恐らくこれほどの出費をしてまでドックに来る方たちは、
それほど身体的に心配な点を持っていないのではないかと推測します。
検査結果を聞いて、「あぁ、この程度でよかった」と安心する。
それが目的な場合もあるのではと。

本当に「ヤバい」人たちは、ここまでして検査に来ないのでは。
検査結果次第では即入院なんてことを避けたいのでしょうか。
「これといって病気もないし、大丈夫だよ」と言ってみせる裏には、
実は事実・真実を知ることが何より怖いという心理もある気がします。

自分のことって実は一番知りたくないことなのかも。



2017012501.jpg
2016/12/23 20:08 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 マニュアル露出(f/2.8 60秒) WB:4200K ISO:1600 Natural 朝霧高原



2017012502.jpg
2016/12/30 1:24 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 マニュアル露出(f/2.8 90秒) WB:4200K ISO:1600 Natural 朝霧アリーナ



2017012503.jpg
2016/12/30 20:19 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 9-18mm F4-5.6
18mm相当 マニュアル露出(f/7.1 60秒x136コマ) WB:4200K ISO:1600 Natural 御前崎



2017012504.jpg
2016/12/29 19:05 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 マニュアル露出(f/2.8 90秒) WB:4200K ISO:1600 Natural 朝霧高原



2017012505.jpg
2016/12/30 22:41 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 マニュアル露出(f/2.8 90秒) WB:4200K ISO:1600 Natural 御前崎



賑やかな冬の星座が夜半には南中して西へ傾いていきます。
ちょっと大人しい春の星座が昇ってくると、やや一息かな。
春先には夜半過ぎに夏の銀河が姿を現すようになります。
宙の季節って体感とは違うのですが、季節を先取りするという
別の楽しみがあったりします。




[edit]

惹きつけてやまない 



「宇宙」の「宇」は大きな屋根のようなものを意味します。
「宙」は文字通り大空、昔の人は宇宙を真っ黒で
空一面を覆う大きな屋根の下を眺めていると感じたのでしょう。

でも実際の宇宙は、大地の上に被せられた屋根ではなく
(ずっと遠くに境界があるとはいえ)気の遠くなるほど広くて
想像を超えた大きな空間で、私たちはその中に浮かぶ
チッポケな土の塊にへばり付いているだけなんですね。

肉眼で見える星の数はおよそ5000個といわれます。
半分は地面の下なので一度に見えるのは約2500個程度、
もっともこれは真っ暗で空気の澄んだ最高条件の場合。
ただしこうしてカメラや望遠鏡を使うだけで星は一気に増えます。
さらに観測機器の発達で、それこそ「星の数ほど」と
喩えられる無限の世界が分かってきました。

でもこんな夜はそんな余計な知識は一旦仕舞っておいて、
何気なく星空を眺めていると、確かに黒い屋根の内側に
大小色々な光る点を散りばめたかのように見えますね。
そして気がつくと位置を変えながらゆっくりと動いていく。
星見は体にはしんどいけど、どうしてもやめられない。


2017010501.jpg
2016/1/2 19:13 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
56mm相当 マニュアル露出(f/4.0 8秒) WB:4500K ISO:1000 Natural あいあい岬

細い月に寄り添うのは金星。
月も惑星も日に日に位置を変えるフシギな星。
昔の人はそれを見て何を思ったのでしょうね。

「あいあい岬」は石廊崎西側の眺めのいい場所。
でもこの日は風速10mを超えるような暴風でカメラも揺れる。
傘を差して風を避けながら、海に出来た「光の道」を狙いました。


2017010502.jpg
2016/1/2 18:36 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 マニュアル露出(f/2.8 60秒) WB:4200K ISO:1600 Natural あいあい岬

だから長秒露出では若干星像が甘くなってしまいます。
西の空に沈み行く「夏の大三角」
東の空には「冬の大三角」が昇ってきています。
星で感じる季節感というのも星見人(ホシミスト)の特権かな。


2017010503.jpg
2016/1/2 23:03 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 マニュアル露出(f/2.8 180秒) WB:4200K ISO:1600 Natural 爪木崎

星景目的で爪木崎を訪れたのは初めてでした。
南東側に開けた大変景色のいい場所で、灯台もいいアクセント。
何より予想以上に空がよく、周囲の明かりもなくて
むしろ西富士辺りよりもずっといいロケーションです。
結構遠いけど、夏の宙を見にまた訪れたいと思いました。

灯台の明かりの右の方に低く見える明るい星は「カノープス」
その上の方にある「シリウス」に次ぐ明るく白い星ですが、
高度が上がらないので暗く赤い色に見えます。
中国ではなかなか見られないことから幸運を呼ぶ星(寿星)とされ、
一目見ると寿命が延びるとも伝えられます。


2017010504.jpg
2016/1/2 22:00~24:00 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 9-18mm F4-5.6
18mm相当 マニュアル露出(f/4 60秒x120コマ) WB:4200K ISO:1600 Natural 爪木崎

ただ気になるのはこの飛行機の多さ。
3分間の露出中に飛行機が横切らないタイミングを
狙うだけでも大変で、「星ぐる」コンポジットではこの有様です。
昔の人が見たらビックリしてしまうでしょうね^^;


2017010505.jpg
2016/1/3 7:07 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
36mm相当 マニュアル露出(f/5.6 1/1600秒) WB:5300K ISO:200 Natural 爪木崎


この年末年始は幸い天候に恵まれ、4回も星景撮影ができました。
その気になればもっと回数を稼げたのですが、さすがに真冬に
連日の徹夜は体力的に困難で、しぶんぎ座流星群も断念しました。
できることなら「夜行性」になりたい。。。なんてね。


[edit]

盆ボヤージュ 

長野県や山梨県のような盆地地形ではやはり夏は暑い。
安曇野ではこの日36度以上にもなりましたが、
南アルプスの西側へ回って木曽へ入ると一転して
車載気温計は30度を切ってきました。

日帰り浴場を出た夕暮れ、ヒグラシの声が響く森は快適な涼しさ。
「木曽馬の里」へ着き、クルマから機材を降ろすと肌寒さを感じます。
しかし時間が進み、夜半を過ぎた頃から状況が変わります。
そろそろペルセ群撮影の用意をしなくちゃと思った午前0時、
ヘッドランプに照らさせる自分の息が白くなっていました。

そして薄明直前の午前3時過ぎの気温は12度。
さすがに薄着の夏服では耐え切れない低温になりました。
かといってクルマのヒーターに当たる暇はないし、
体をさすりながら東の空が白み始めるのを待ちました。
やっぱり高原の気候は天気も含めて読めません。

今回も、気が付くと夕暮れ19時から薄明が始まった4時まで
9時間も寒い寒いと震えながらずっと立ったままでした。
星を見ている間は睡魔も疲労も感じませんでしたが、
機材をクルマに放り込んだとたんに足腰に激痛が走ります。
急いで高原を降りて道の駅木曾福島へ着く寸前にめまいが襲います。
風呂に入る前から何も飲んでいないので脱水状態だったわけです。
宙が晴れたので、興奮してつい体調を後回しにしてしまいました。


2016081501.jpg
2016/8/11 21:03 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO(Lee Soft No.3)
14mm相当 マニュアル露出(f/2.8 40秒) WB:3500K ISO:800 Natural 開田高原

この開田高原といえども、夜の宙は必ずしも真っ暗闇ではありません。
地上付近は集落の明かりが漏れてくるし、近くの蕎麦屋の前に置かれた
自販機の光も低空の宙を照らしてしまいます。
季節によってはスキー場の照明もあるし、上空を頻繁に行き交う
航空機の点滅するランプも画像に点線を描いてくれます。
恐らく日本では、どこへ行っても真っ暗闇というのはないのでしょうね。


2016081502.jpg
2016/8/12 1:47 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO(Kenko ProsoftonA)
300mm相当 マニュアル露出(f/2.8 180秒) WB:3500K ISO:1600 Natural 開田高原

秋の星空は、明るい星が少なく天の川も薄いので寂しいといわれます。
確かにそうなのですが、よく探すと見逃せない宝石がたくさんあります。
カシオペア座とペルセウス座の境界付近にある「二重星団」は
私の最も好きな散開星団のひとつ(ふたつかな)です。
それぞれに別の名前を持つ散開星団で、「h+χ(エイチカイ)」とも呼ばれます。

肉眼でも存在は分かりますが、双眼鏡での眺めは格別です。
倍率の高い望遠鏡では見た目が散らばりすぎてしまうので、
こういった対象には双眼鏡が最大限に活躍します。


2016081503.jpg
2016/8/12 3:16 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO(Kenko ProsoftonA)
80mm相当 マニュアル露出(f/2.8 240秒) WB:3500K ISO:1600 Natural 開田高原

前回御前崎でも狙ったハクチョウ座デネブ付近です。
見比べていただくと分かりますが、全体を覆う赤い星雲の写りが違います。
前回は120秒までしか露出できませんでしたが、今回は倍の240秒露出です。
より薄い星雲や星を写したくて、思い切った長秒露出をしました。


2016081504.jpg
2016/8/12 2:58 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO(Kenko ProsoftonA)
300mm相当 マニュアル露出(f/2.8 180秒) WB:3500K ISO:1600 Natural 開田高原

こちらも前回と同じ、おうし座のM45(すばる星団)です。
星星を覆う薄い星雲の写りが今ひとつなのは、レンズがF2.8と
星雲を写すにはまだ明るさが足りないためでしょう。
ちなみにソフトフィルターを使わないと、大きく写っている
明るい星も周りと同じように小さな点にしか写りません。


2016081505.jpg
2016/8/12 0:52 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO(Kenko ProsoftonA)
300mm相当 マニュアル露出(f/2.8 180秒) WB:3500K ISO:1600 Natural 開田高原

やはり秋の夜空に欠かせないのがアンドロメダ銀河(M31)。
こちらも前回撮りましたが、肉眼でもはっきり確認できるのはさすがです。
こういった小さな対象には望遠レンズでの撮影になるので、
TP-2のような高性能な機材はどうしても欲しかったわけです。
ちなみに今回もポラリエよりTP-2の方がセッティングは楽で早かったです。
逆にポラリエのセッティングをいかに早めるかが課題になってきました。



いわゆる「天体観望会」などといったイベントの告知を見かけます。
主に子供連れや若者などを対象にしたもので、見晴らしのいい場所に
多くの人が集まり、一緒に星や月などを観望します。
また最近では天文ファンが集まるスポット的な場所も増えました。
夜になると遠くからでもやってきては各々で観望・撮影をします。
複数の人々がいると夜でも寂しくないし安心でしょう。

でも私は基本的にそのようなイベントには行かないし、
多くの人が集まるスポットにもなるべく近寄りたくありません。
今回は「木曽馬の里」という人気スポットでもほぼ貸切状態でしたが、
時々はハイビームのまま入ってくるクルマはありました。
2~3分程度の露出ならやり直しが利きますが、数時間に及ぶ
日周運動(星グル)では、ライトに照らされれば一発でアウトです。

だからなるべく他の人がいない、来なさそうな場所を好みます。
時には藪から物音が聞こえたりしますがまったく平気です。
お寺の門前で育ったせいか、お化けや幽霊も無関心だし、
何より一番怖いものが「人間」であることを知ったからです。


次回は安曇野編です。


[edit]