かっぱのあしあと

あかいノートリ 



私が主にデジタル一眼レフで撮影を始めた頃、
まだファインダーの視野率は100%ありませんでした。
ニコンD100やD200で95%、D300になってようやく100%です。
しかしフルサイズに転向したD700では再び95%に。
大した問題はなさそうですが意外とあります。

視野率が100%未満だと、注意していても「余計なモノ」が
写野の端に写りこんだりして気になります。
富士山を撮っていたころは特に問題で、撮影ポイントの
多くには写りこみやすい「余計なモノ」が多々あります。
95%のD700を使うときは、一旦構図を決めた後で
わずかにズームリングを操作しテレ側に調整します。

「トリミングすればいいだろ」と思いがちですが、
当時のデジイチはまだ1200万画素程度だったので
わずかなトリミングでも微妙に解像感が落ちる気がしていました。
一方中判カメラに単焦点レンズを使っての作品を拝見すると、
ズームでの微調整が出来ないこともあって、不自然に
空が広くなるなど構図に難を感じることもありました。

ノートリミング(ノートリ)を心がけ、ズームで構図をギリギリまで
切り詰めて「無駄な空間」を除去するクセがいつの間にか付いていました。
そうやって撮影した写真には、一見すると「隙」のない完成度の
高い構図に見えそうですが、ここにどうも問題が潜んでいたようです。



浜名湖ガーデンパーク
2017/9/24 12:11 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/9/24 12:08 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 +2.0EV) WB:4000K ISO:200 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/9/24 11:15 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.7EV) WB:4500K ISO:200 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/9/24 10:57 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +0.3EV) WB:4500K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/9/24 11:01 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +1.0EV) WB:4500K ISO:200 FantasicFocus 浜名湖ガーデンパーク



富士山を撮らなくなって随分経ち、ネイチャーやスナップなどに
手を広げてきた中で、撮った画像を後から見た時に
漠然とした違和感を覚えることがありました。
どうもなにか「息苦しい」印象を受けることがあるのです。

富士山撮影時代にはあれほど「空間」を忌み嫌ってしまったために
それ以外の撮影でもゆとりのない構図になっていた気がします。
写真において構図とは「切り取る」ことを求められます。
ズームレンズで撮影する際、テレ側にズームしながら
何カットも撮影し、最後のカットが活かされました。

しかし必ずしも小さく切り取るばかりではなく、
逆に思い切ってワイド側に画角を広げてみることも必要です。
画素数が増えてきた今日、必ずしもノートリ前提でなくていい。
むしろ少しだけ「余白」を入れておけば傾きの修正も可能です。
以前は構図を決めた後でテレ側にわずかにズームしていたのを、
逆にワイド側にちょっとズームして撮るのもいいかと思い始めました。

一般にはノートリは写真上達の秘訣とされています。
その場で構図を決定付けるのは確かにいいことだと思うのですが、
過剰でない程度のトリミングで完成度が高まることもあります。
ノートリ絶対主義はそれ自体が「息苦しい」場合もありえますね。



スポンサーサイト

[edit]

愚かな兎になるな 



11月1日午前10時から、静岡県内の新東名高速道路内、
「新静岡IC」から「森掛川IC」までの区間(約50.5キロ)で、
国内初の速度制限110km/hへの変更が行われます。
今回は1年間に渡る試行期間で完全移行ではありません。
しかしこういった高速道路の速度制限緩和はかなり以前から
論じられていたものの、主に警察側の強い反対にあいました。

今回この区間で試行されるのは、比較的カーブや起伏が緩やかで
見通しがよい、一部3車線区間もあり事故率が低いため。
この試行の結果次第では、将来120km/hへの移行も
検討される可能性が伝えられています。
現実には130km/h以上で走行するクルマもありますけどね。

さて今回試行される距離はおよそ50kmで、時速100キロで走れば
計算上は30分、そこを110キロの場合は約27分あまり。
つまり50キロもの距離を走ってたったの3分足らずしか短縮しません。
仮に120キロでも約25分ですから5分の短縮です。
こんな短い時間のために速度を上げる必要があるのか疑問です。



葉梨川
2017/9/25 9:00 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
124mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/400秒 -1.3EV) WB:4800K ISO:200 Natural 葉梨川



葉梨川
2017/9/25 9:36 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
220mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 葉梨川



葉梨川
2017/9/25 10:26 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
180mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/160秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 ToyPhoto 葉梨川



葉梨川
2017/9/25 9:11 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
240mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/8000秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:80 Vintage 葉梨川



葉梨川
2017/9/25 8:24 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 葉梨川




警察が事故率の増加を訴える一方で、経済効果を唱える向きもあります。
しかしたった数分の時間稼ぎでどれほどの経済効果が見込めるのでしょう。
一般に高速域でのわずかな速度上昇は、空気抵抗の急増を招きます。
それを押しのけるために大量のエネルギーを無駄遣いします。
当然クルマの故障率も上がるし耐久性も低下します。
タイヤなどの消耗も早まり逆に路面の傷みは増加します。

高速道路の速度を上げろと訴える声には、冷静に聞くと
説得力の乏しいものばかり、中には専門家にもかかわらず
ただ早く走りたいだけの稚拙な欲求を満たすだけの理由も。
少しぐらい速度を上げたところで、短縮できる(手に入れられる)
時間はごくわずかしかないこと、そのためのデメリットがあることを
むしろロジカルに論ずべき人たちがそれですから困ったものです。

110km/hに制限速度を上げたぐらいで事故率が目に見えて
増加するとは思えない一方、経済効果とかメリットも
ほとんど無いに等しいというのが結論になりそうです。
それでも速度を上げる動きにはノーブレーキでしょうね。
ちなみに顔に泥を塗られた格好の警察は、この区間で
血眼になって取締りをするであろうことも確実です。




[edit]

葉っぱ好きの嘆き 



東京では8月に入ってから連続16日間雨だそうです。
こちら静岡も同様で、ずっとぐずついた天気です。
結局夏休みの間も晴天は見られず、今年は星景もダメでした。
この天候不順は日照不足にも影響していて、
野菜の高騰だけではなく、カビの蔓延による体調不良とか
湿度の高さから来る熱中症も深刻らしいです。

7月中旬までは猛暑日もあったし、長期予報も猛暑でした。
ここへ来ての梅雨に逆戻りしたかのような天候はどうなるのでしょう。
いつもの年なら、お盆明けから少しずつ涼しくなります。
このまま残暑もなく秋になるのか、あるいは暑さが戻るのか。

個人的には、このところの体調不良もあって
そろそろ猛暑は勘弁して欲しいものの、
夏らしさがないと困る人だっているわけですしねぇ。。。
暑いだ寒いだ文句ばっかり^^;



浜名湖ガーデンパーク
2017/8/14 12:46 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク

今年はヒマワリの咲き出しが遅かったものの、
今度はピークの頃に見に行くことが出来ず、蓮に続いて時期を逸しました。



浜名湖ガーデンパーク
2017/8/14 13:41 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro (深度合成)
120mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/125秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:500 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/8/14 14:02 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/8/14 14:54 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 +2.3EV) WB:4000K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/8/14 12:43 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



このところの北朝鮮によるICBM発射の報道を見ていると、
先ごろ5月に訪れたグアムの景色が頻繁に映し出されます。
大抵はTガレリア前の目抜き通り周辺が多いのですが、
記憶も新しいだけに現地の切迫した緊張感が伝わってきます。
日本に破片が落ちるのかなどといった偏狭な議論ではなく、
日本としてこの緊張を解く手立てはないのか考えて欲しいのだけれど、
アメリカの腰巾着みたいな政府には期待できないか。。。



[edit]

思考停止の夏 



あ"~7月が終わる。
梅雨らしい雨もなく、今年も蓮を撮れず仕舞い。
で、いきなり台風が大量生産で迷走する。
梅雨が明けたのにスッキリ晴れない。
今だに8月の休みの計画も立てられない。
しかもこのところ多忙で時間が作れない。
とりあえず休みに入るまでは何も出来そうにありません(-.-)



浜名湖ガーデンパーク
2017/7/17 11:38 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/7/24 14:49 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
164mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 +0.3EV) WB:4500K ISO:640 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/7/17 15:32 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 ToyPhoto 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/7/17 14:45 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/125秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:1000 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2017/7/17 15:01 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
190mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/160秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:400 ToyPhoto 浜名湖ガーデンパーク


時間と体力がお金で買えたら買いますか。
まぁ月一ぐらいなら買ってもいいかも。
あ"~なんかい~かげんな更新でスンマセン。
夏バテと疲労と繁忙と風邪と眩暈と腰痛でワケワカです。
皆さんはご自愛ください(-_-;)




[edit]

海に流すボトル 



映画の人気ジャンルに「SF」があります。
未来や仮想、未知の世界を描ける点では
小説の時代から盛んに作品が作られてきました。
1977年発表の「未知との遭遇」「スターウォーズ」は
映像技術の進歩からSF映画人気を決定的にしました。

SFの世界観を映像化するのには大変な技術とお金が
かかるわけですが、いわゆる「B級」と呼ばれるような
低予算映画も大量に作られたものです。
CG全盛の今日では見るに耐えない作品もありますが、
中にはそのテーマやストーリーが評価されるものもあります。

先日NHK-BSで「サイレントランニング」(1972年・米)を視聴しました。
10年以上前にビデオで見て以来でしたので感慨がありました。

開発が進んで何不自由のない環境になった地球だったが、
ほとんどの植物は絶滅、わずかに残された植物は巨大な宇宙船に
取り付けられた「ドーム」内で保存され土星軌道上を浮遊していた。
そこへ地球から再緑化計画の中止とドームの破壊を命ずる指令が。
次々とドームを爆破する乗組員の中で、ローウェルだけは反対し
仲間を殺害、一時は行方をくらませます。
追手に気付いたローウェルはロボットにドームの管理を任せ、
ドームを切り離した後、自ら宇宙船を自爆させます。


極楽寺
2017/6/25 13:26 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
146mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:200 Natural 極楽寺



極楽寺
2017/6/25 13:11 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/125秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:1600 Vintage 極楽寺



極楽寺
2017/6/25 12:50 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
194mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:200 Natural 極楽寺



極楽寺
2017/6/25 12:27 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/125秒 -0.7EV) WB:5600K ISO:320 Natural 極楽寺



極楽寺
2017/6/25 13:19 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:320 Natural 極楽寺



登場人物はわずか4人、それも後半はローウェルただ一人に。
映像的にも宇宙船以外は見るべきものはありませんが、
一部で「名作」に挙げられるのはそのテーマの描き方でしょう。
公害など地球環境の悪化が叫ばれ始めた時代を反映し
やや極端にも思える主人公の思考や行動は印象的です。

ラストで主人公は、かつて手紙を入れたボトルを海に流したことを
ロボット(ドローンと呼んでいます)に語り、自爆スイッチを押します。
切り離したドームはそのボトルになぞらえているのでしょう。
緑豊かだった時代の絵が描かれたジョウロでロボットが水をやる
ドームが、いつかどこかの星に届いて再生することを願っています。

主人公の身勝手な思考や行動は共感しにくいのですが、
地球の危機や(当時の)自然と人間との考え方を知るにはいい素材です。
SF映画はその時代の問題や話題を取り入れる傾向があります。
核戦争や宇宙時代、バイオ危機やクローンなどなど。
一方で人間の想像力や空想を満たす魅力もあります。

中には馬鹿げた作品もありますが、B級ならではの魅力もあります。
そういった意味では「ソイレントグリーン」や「惑星ソラリス」など
むしろじっくりと考えさせられるテーマを持つ作品はいいですね。




[edit]