かっぱのあしあと

いい日旅立った 




毎年触れてはいるものの、結局何の
話題にもならない6月1日「写真の日」
177年前に日本で初めて写真が撮られた日(?)
だからと言って大々的なイベントやキャンペーンもなく
ごく一部の写真家などがツイートするぐらい。

エイプリルフールのように、年一のイベントにできないものか。
せっかくインスタなどがあるのだから、この一年で
一番お気に入りの写真を投稿するとか、
自慢の写真で「いいね」を競ってみるとか。

今日ほど多くのカメラが稼動し写真を撮られる時代はありません。
誰もがカメラ(スマホ含む)を持ち歩き、毎日のように撮影する。
街角にも無数のカメラがあって毎日何度も映りこむ。
ドローンやロボットのカメラが益々増えていく。
なのに「写真」というものの存在感は薄れるばかり。

「写真の日」を盛り上げても旨みがないのでしょうかね。。。


小國神社
2018/5/27 9:32 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
190mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 +0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 小國神社



小國神社
2018/5/27 9:41 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
54mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/80秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 小國神社



小國神社
2018/5/27 12:03 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
212mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:250 Natural 小國神社 <セッコク>



小國神社
2018/5/27 10:28 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
36mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/40秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:500 Natural 小國神社



小國神社
2018/5/27 12:14 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
284mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 -1.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 小國神社



このところガソリンが高騰しています。
新聞報道では3年5ヶ月ぶりにリッター150円を超えたそうです。
中東・米国・ロシアの動きが影響しているらしいです。

私の手元の記録では、2016年1月に108円/Lで給油しています。
最近の価格は148円/Lで、なんとリッター40円も上がっています。
私の場合年間におよそ2000リッター使うので、
1年で8万円も余計に出費が増えた計算になります。

ガソリンはどうしても必要なものなので
簡単に節約するのは難しい、それでも遠出を控えるとか
高速代を少しでも減らすなどの生活防衛が必要になります。
既に地域によっては観光などに影響しているらしいです。

写真をやるにも時には遠征をするので、
機材など以外にかかる出費は大変痛いですね。



スポンサーサイト

[edit]

コンデジ・ノスタルジー 



先日の日経の記事にあったとおり、
カシオがコンデジ事業からの撤退を発表しました。
今後は新機種の投入も開発もなく、現行機の製造も
間もなく終了し23年の歴史に幕を下ろします。

「スマホがあるからいいじゃん」
確かにそうなのですが、デジカメ黎明期から見てきた
立場からすると、喪失感は相当強く感じます。
カセットテープやレコードは細々ながらまだ製造販売されています。
他のメーカーも追随してコンデジがなくなってしまったら。。。

まだ残っているのは、スマホが苦手とする大型センサーの高級機や
超高倍率ズーム機、そしてタフネス機などごく一部のみです。
これらだって、マルチカメラスマホや様々なアプリでカバーできます。
今だにスマホカメラに馴染めませんが、
いつまでもそんなことを言っていられなくなるでしょうね。



浜名湖ガーデンパーク
2018/5/6 9:16 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
180mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:400 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2018/5/1 10:19 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2018/5/1 15:09 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
230mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/200秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:250 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2018/5/6 14:33 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/640秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2018/4/23 14:33 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
30mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/500秒 +1.0EV) WB:4000K ISO:200 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



このところ同じような画像ばかりが続いています。
結局GWも他へ行くことができず、ここも薔薇が終われば
しばらく訪れることもなくなるだろうと思います。
何か変わった場所や被写体を探す気力はどこへやら。
でもじっとしていてはどうもならないし。。。


[edit]

鏡の世界を通り抜け 




先ごろオリンパスの決算報告にて、
映像事業の増収増益による黒字化が明らかになりました。
とりわけE-M1 MarkIIが収益を牽引したものと思われます。
コンデジはタフデジカメのTG-5のみとなってしまい
大幅に減収となった代わりに、収益性の高いハイエンドクラスの
レンズ交換式ミラーレスが主力となった形です。

ソニーでもパナソニックでも、こういった傾向は見られます。
さらにこれまでミラーレス機の比率が低かった海外においても、
高級高性能なミラーレス一眼が売れてきました。
それでもまだまだ一眼レフの比率は高いのも事実です。

従来ミラーレスはエントリークラスやローエンドのイメージが
強かったのですが、OM-Dなどの高級機が続々と登場し
レフ機を凌駕する性能を発揮するにつれて状況が変わります。
オリンピックを待たずして、ここまで差がなくなってきたのは意外です。
レフ機をメインにするキヤノン、ニコン、ペンタックスと、
ミラーレスがメインのソニー、オリンパス、富士フイルム、パナソニック。
来年以降はどうなってゆくのかが気になります。



山中湖
2017/11/6 12:30 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 9-18mm F4-5.6
30mm相当 絞り優先AE(f/7.1 1/200秒 -1.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 山中湖



山中湖
2017/11/6 12:26 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 9-18mm F4-5.6
18mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/125秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 山中湖



山中湖
2017/11/6 12:23 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 9-18mm F4-5.6
22mm相当 絞り優先AE(f/6.3 1/400秒 -0.3EV) WB:5600K ISO:200 Natural 山中湖



山中湖
2017/11/6 13:11 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 9-18mm F4-5.6
18mm相当 絞り優先AE(f/16 1/40秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 山中湖



山中湖
2017/11/6 13:22 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
62mm相当 絞り優先AE(f/6.3 1/640秒 +1.0EV) WB:5800K ISO:200 Vintage 山中湖



オリンパスの場合、OM-DではフラッグシップのE-M1系、
軽量高性能なE-M5系、エントリー機のE-M10系に分かれます。
そろそろこのE-M5のMarkIII登場が近いと思われます。
丸3年となる来年2月ごろ、CP+直前辺りでしょうか。
E-M1はMarkIIIで若干大きくなったけど、E-M5は
なるべくこのまま、このカラーで続けて欲しいです。

それと、コンデジ好きの私が欲しくなるような逸品も
各メーカーから出てくれないか、特にD850で儲かっている
ニコンには、DLシリーズの再登場を期待したいです。







よい週末を♪

[edit]

流すか流れるか 



先日東京であるプロジェクトのイベントがありました。
「SHOOTING STAR challenge」と称するそれに、
ファミリーマートや日航がパートナーとして参加、
2019年に人工衛星から人工物を放出し、広島を中心に
「人工流星」を観望しようというものらしいです。

日本のベンチャー企業が発案したこのプロジェクト、
各方面から賛否両論があり、特に「天文ファン」からは
批判的な意見が噴出していると聞きます。
流れ星は滅多に見られないから感動があるとか、
制御不能な人工物を撒き散らして他の衛星に影響はないか、
そもそもビジネスという目的に違和感しかないなど。

恐らく数十~数百の小さな物体の放出程度なら、
自然界にはほとんど影響はないだろうし、
花火と同じような「流れ星を見ようイベント」目的なのだから
少なくとも悪影響と呼ぶほどのものはないかと思われます。
ならば好きにやらせればいい、という意見も頷けます。



山中湖
2017/11/6 12:22 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 9-18mm F4-5.6
18mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/200秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 山中湖



山中湖
2017/11/6 11:12 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
94mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/80秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:2000 ToyPhoto 山中湖



山中湖
2017/11/6 11:37 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
180mm相当 絞り優先AE(f/5.5 1/800秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:200 Vintage 山中湖



山中湖
2017/11/6 12:53 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 9-18mm F4-5.6
18mm相当 絞り優先AE(f/18 1/30秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:500 Natural 山中湖



山中湖
2017/11/6 14:13 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/6400秒 -1.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 山中湖



全く無関係な立場にいる限りでは、無関心でいれば済みます。
ただ、やはり「流星」というものの本質を考えると個人的には解せません。

流星は宇宙空間に漂う小さな浮遊物が、地球の引力に捉えられて
大気圏に突入し、物凄い速度で飛ぶために大気を強烈に圧縮し、
高温になった大気に熱せられて発火、燃焼する現象です。
とりわけ流星群と呼ばれる、一時的に多数の流星が見られるのは、
彗星が軌道上に撒き散らした浮遊物の濃いエリアに
地球が公転運動しながら飛び込むために起こります。

時には燃え尽きないほど大きな物体が「隕石」となることも。
地球はこういった宇宙の物体から出来ているし、私たちを含めた
あらゆる生物もその起源を宇宙に持っているともされます。
流星を観測することは、宇宙空間にある物体の分布や組成などを
調べることでもあるし、生命の根源を探る目的とも繋がっています。

人工流星のイベントは、それ自体は花火と同じようなものだとしても、
本来の流星の持つ意味合いからは大きくかけ離れています。
小物体が大気圏に飛び込むと流星になる現象を再現するといった
科学的な目的というより、イベントとしてのビジネスなら尚更です。
また流星の原理を理解するのなら、自然の流星で十分足ります。

そもそも、なぜ人工的に流星を作るのかの動機がわからない、
そこに一番の違和感を覚えざるをえません。






[edit]

休暇と休息 



紅葉シーズン真っ盛りです。
画像投稿サイトは紅葉の写真でいっぱいです。
毎週どこへ行こうかと、天気予報を見ながら思案。
ただ実際に行けるのはそう遠くない場所、
毎年訪れる同じ場所の同じポイントで同じ撮り方の繰り返し。
天候次第では思い通りにならず、諦めの帰路。
期待や理想が高すぎるのか、じっくりと取り組めない
時間不足や思うに任せない体力に嘆くばかり。
来週はどうしよう。。。


山中湖




[edit]