FC2ブログ

かっぱのあしあと

崩壊する季節 




いいかげん更新しないと広告が出てしまうので(汗

いつもの年なら、盆休みが過ぎると一気に涼しくなるものですが
今年は連休明けになっても猛暑が続き大変でした。
浜松で8月17日になって41.1度を記録するなど今年の夏は
梅雨明けが長引いた影響なのか、台風のせいなのか
コロナも加わって非常に危険な状況が続きました。

こんな日本で五輪をやったらどれほどの犠牲が出るのかと。

今年の春はどこへも行けず、夏も同様でした。
今だに毎日「新たな感染者」が数百人も出続けている状況で、
秋になって例年通りに戻るとは思えません。
さらにインフルエンザの流行などの要素も絡んで
このまま今年一杯はマスク生活が終わらない気がします。



浜名湖ガーデンパーク
2020/9/6 12:50 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/9/6 12:53 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/9/6 13:23 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:400 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/9/6 12:46 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
52mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/500秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:200 ToyPhoto 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/9/6 13:19 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
49mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/80秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 ToyPhoto 浜名湖ガーデンパーク



もうすぐ秋ですね。
せめて今の暑さが終わればもう少し活動できそうです。
今は毎日夏バテの中で過ごしています。
何をするにも体力は本当に大切です。





スポンサーサイト



[edit]

災いの使者 



なかなか梅雨が明けません。
こちらでは6月10日に梅雨入りして一ヶ月以上。
「梅雨の合間」すらほとんどないまま降り続けます。

前回の記事にも書きましたが、こんな最中に彗星です。
惑星などと違って日々移動し明るさも変わります。
よりによって梅雨の真っ最中に来ることはないだろうと。
毎日Twitterには見事な写真がアップされているのに、
こちらでは梅雨空を眺めるしかありませんでした。

それでも7月19日、辛うじて晴れ間が覗きそうだという予報。
さてどこへ行こうか、北西の方角なのでポイントが絞りにくい。
富士山とのコラボとなると箱根か、迷った挙句「水ヶ塚」へ。
しかし午後になって濃霧が取れず希望が萎みます。
「Windy」で雲の予報を調べ、急遽大井川周辺へ戻りました。

できればもっと条件のいい場所ならよかったけど、
20日以降週間予報が雨続きなので今日しかないと、
とにかく一目だけでも姿を見たいと河川敷で夕暮れを迎えました。



2020072001.jpg
2020/7/19 20:28 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 マニュアル露出(f/2.8 8秒) WB:4800K ISO:640 Natural 大井川河口


次第に暗くなる空の中でネオワイズ彗星を探します。
スマホアプリ「スマートステラ」と比較しながら双眼鏡を動かし、
ようやく薄雲の合間にボンヤリとした姿を見つけられました。
もっと空が暗くて雲が無ければ明るく撮れたのでしょうが、
これが精一杯です。

10度以上に及ぶイオンテイルなど望むべくありませんが、
まずはこの目で彗星を見られただけでも良しとしましょうか。
ただ、今月末に向けて次第に高度を上げていきます。
明るさも減衰していきますが、もっと条件のいいタイミングで
再度捉えられたらと希望を持っています。


ちなみにこのネオワイズ彗星(「C/2020 F3)は、今年3月に
赤外線観測衛星NEOWISEの観測から発見された新顔です。
しかし非常に周期が長く、次にやってくるのはなんと6800年後。
彗星というと、突然空に現れる奇妙な天体だとして、
大昔は「災いをもたらす」不吉の前兆とされてきました。
今のコロナ禍との関連は勿論ありませんが、
彗星同様に彼方へ消え去ってくれればいいですね。

[edit]

新しい普通 




もう緊急なんちゃらでもないし、自粛自粛と騒ぐこともない。
でもマスクをしましょう、社会的距離(?)をとりましょう、
利用者数は制限します、県境を跨ぐ移動は控えましょう。
これがコロナ後(←?)の当たり前、「ニューノーマル」

感染に注意しながら経済を動かしましょうということ。
でも利用者が半分、席数も半分、できるだけ移動するなでは
とても採算どころか赤字が累積するばかりです。
しかも感染対策に今まで以上のコストがかかります。

その上インバウンドは全く期待できないし、
輸出産業だって海外の事情からビジネスになりません。
ワクチンや特効薬が間に合わない間にも感染者が増えています。
第二波とかアフターコロナとか言っていられない状況です。
やはり政府も行政もおかしいとしか考えられません。



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/14 10:26 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/125秒 +0.0EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 極楽寺



ビフォーコロナのように活動するわけにはいかない、
でもこのままでは確実に日本の経済は破綻するでしょう。
観光への依存、来日外国人への依存、輸出産業への依存は
本来日本の産業を支えてきたとはいえ、コロナ後も
同様に依存し続けることはできず、新たな経済モデルを
作り上げるのは並大抵ではありません。

少子高齢化、東京一極集中、格差社会を抱えながら
さらに感染症対策や毎年の自然災害にも対応が迫られます。

最初に中国で集団感染肺炎が伝えられたのは昨年12月31日。
それから半年経っても先行きが見えない毎日はいつ終わるのでしょう。




[edit]

文化と私たち 




今だに「アサヒカメラ」誌休刊の余波が続いているようです。
Twitterでも多くの人々が「残念」とツイートしています。
「カメラマン」「アサヒカメラ」の休刊に続きオリンパスの身売りが
報道され、いよいよ写真文化は終焉に向かっているのかといった
悲観的な話が出るなど先行きは暗くなる一方です。

コロナ禍においてはどの業種でも同じように大きな損失を
被っているものの旧来からのカメラメーカーや写真誌は
コロナに関係なく業績は良くありませんでした。
そこへ来てのコロナ禍で持ち堪えられなかったのだと。
しかしこれらのことが「写真文化の凋落」を意味するのでしょうか。

一部の写真家やカメラファンらの考える「写真文化」とは
どちらかといえばやや狭隘で、芸術性や経済性を
伴ったものだけを指しているように思われます。
しかし「文化」とはそのようなものなのでしょうか。

今や誰もが「カメラ」を持ち歩き、いつでも好きな時に写真を撮り
すぐその場で見られるし、世界中の人と見せ合うことができます。
こんなに幸せな環境は人類史上なかったと私は思います。
今こそ最も写真文化が花開き盛り上がっている時代だとも。
旧態依然としたカメラ誌がなくなったとか従来の形態の
カメラメーカーがたとえ無くなったとしても、文化の中で見られる
「変化」とか「変遷」の一場面でしかないのではないでしょうか。

音楽だってステレオセットの前に行き、レコードに恭しく針を落として
耳を傾けていた時代は終わり、いつでもどこでもスマホへ
ダウンロードして購入できる楽しみ方が主流となっています。
書籍も紙からネットへ、写真だって同様に楽しみ方は変化します。
また「写ルンです」やスマホでの撮影も写真によっては価値が高まります。
過去の写真が捨てられなくてガラケーごと保管していたり、
友人との思い出を残したくてプリクラ帳を大切にしまっている人もいます。
それらだって立派な「写真文化」であるはずだと思うのです。



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/23 10:51 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -0.3EV) WB:5200K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/23 11:15 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
52mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/23 11:04 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/200秒 +0.7EV) WB:4500K ISO:200 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/23 13:40 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
170mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 -0.3EV) WB:5600K ISO:640 Natural 浜名湖ガーデンパーク



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/23 13:30 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
250mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.3EV) WB:5600K ISO:200 Vintage 浜名湖ガーデンパーク



本格的な一眼カメラがビジネスとして成立しなくなれば
それほど遠くない将来にはカメラメーカー自体も無くなるでしょう。
そうなった時に私たちはどうしたらいいのか。
でも焦る必要もなければ悲観的になる必要もありません。
今あるカメラをずっと大切に使い続ければいいだけです。
幸いフィルムカメラのようにフィルムや現像液が無くなって
カメラが使い物にならなくなることはなく、電池さえ入れれば
いくらでもいつまでも使い続けることができます。

これまでデジタルカメラは毎年のように新型が登場し、
その度に画素数が増えるとかAFが進化するとかで
私たちに「次への期待」を抱かせてくれたことは確かです。
しかし今日カメラに求められているのはスマホそのものです。
次第に一眼カメラの新型投入が長引きレンズが減ってゆけば
ますます旧来の写真家やカメラファンは特殊な存在になります。

スマホではないカメラでスマホ写真でない写真を撮りたい。
その欲求がなくならない限りデジタルカメラもなくならないでしょう。
でももうそろそろ「次への期待」は横へ置いて、手にしているカメラを
目一杯使い込んで楽しむのが当面は良さそうです。







[edit]

緩和と制限の夏 




今日静岡では観測史上最速で猛暑日を記録しました(静岡市駿河区35.8度)。
風があったので何とか凌げましたが、やはり猛暑は堪えます。
まだ梅雨に入ったばかり、7月中旬まで続いて
その後からいつもと同じように猛暑の夏がやってきます。

今でも至る場所でマスクの着用と距離を求められています。
30度超えでのマスクは汗で濡れ呼吸困難になります。
一方で「夜の街関連」からの感染者増加が伝えられます。
「検査を増やしたから」と嘯くものの、検査したら出てきたのだから
実際の感染者は相当数まだ残っていると言っているようなものです。

さらにこれから冬を迎える南半球での感染拡大、
その後日本など北半球の秋・冬が来ればどうなるのか分かりません。
確実な治療法やワクチンが普及しない限りまだ気を許せないのです。
とりわけ東京都に関しては、五輪はとりあえず延期した、
でも都知事選は避けられないとなると再び対策がぶれるでしょう。
(すでに東京アラートの解除云々で「やらかして」いますね)

かつてなかった春が過ぎ、かつてなかった夏が来るのか。
せめていつも通りの秋を迎えることができるのか、
多くの国民はそこまで耐えることはできないでしょう。


極楽寺
2020/6/14 10:01 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.0EV) WB:5600K ISO:200 Natural 極楽寺



極楽寺
2020/6/14 10:05 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/125秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 ToyPhoto 極楽寺



極楽寺
2020/6/14 10:47 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
62mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.7EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 極楽寺



極楽寺
2020/6/14 9:55 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 極楽寺



極楽寺
2020/6/14 9:45 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.3EV) WB:5500K ISO:200 Vintage 極楽寺




全く感染の可能性がなくなれば、観光や消費に向けた
大規模な動きが始められるというものですが
この感染症という特殊な状況ではまだ困難が伴います。
特効薬やワクチンなどの対策が無い現状では尚更です。
たとえ移動への制限が解除されても、観光地で元どおりの
来客は望めないでしょう。

猛暑、マスク、台風の夏がやってきます。


[edit]