かっぱのあしあと

時は急がず休まない 



そろそろ桜の開花予想が気になりますね。
気象庁は現在民間会社に任せて予想を発表していません。
「日本気象協会」「ウェザーマップ」「ウェザーニューズ」の
3社がそれぞれ独自に解析して発表しています。
静岡市の平年の開花日は3月25日。
それぞれの現在までの予想は「日本気象協会」が3月29日、
「ウェザーマップ」は3月28日、「ウェザーニューズ」が3月24日です。

日本全体としては、2月以降の寒さで休眠打破は進んだものの、
年末年始までの暖かさもあってやや遅めの予想となっています。
ここまでの梅や河津桜の開花情況を見た限りでは
例年になく早いと思われましたが、染井吉野は異なるかも。
もっとも昨年は3月に寒の戻りがあったため
3月27日と平年より2日、2015年より一週間も遅かったです。
開花間近い頃の気象次第で前後する可能性があるわけです。

個人的には、決算明けの4月に入ってから開花してくれたほうが
ゆっくりと楽しめそうなのですが、最近は全体に早めのようですね。



河津桜
2017/2/13 11:20 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/14 7:39 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/250秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:320 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 12:19 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 19:42 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
36mm相当 絞り優先AE(f/5.0 1/5秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:2500 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 20:37 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 マニュアル露出(f/2.8 30秒) WB:4200K ISO:1600 Natural 河津町



身近な場所で桜が咲き出すと、つい気ばかり焦ってしまいます。
でも体はひとつだし時間もひとつ、そんな間にも時間は流れます。
もはや焦らず受け流せるか、それでも追いかけたくなるか。

やっぱり追いかけよう。


スポンサーサイト

[edit]

徳俵はそこに 



河津で櫻に興じていた最中、ニュースが飛び込みました。
13日にニコンはコンパクトデジカメDLシリーズの発売を中止しました。
昨年2月に発表、CP+でも実機が展示されていながら、
発売が延び延びになったまま1年になろうというときでした。
このニュースはカメラ関係だけでなく、経済紙や一般紙の
経済欄にまで採り上げられ話題となりました。

さらに同日発表された2017年度の連結決算は、当初の60億円から
90億円に及ぶ赤字の増額を予想していました。
その原因はカメラ販売の減退が大きく、熊本地震の影響もありました。
そして1000人を超える希望退職者も報道されています。
今年のCP+でのニコンの展示スペースが大幅に縮小していたので
若干気になっていたものの、一旦発表した製品の発売を中止するなど
まさかここまで大変な状況だとは思いも寄りませんでした。

一方で昨日はキヤノンがエントリー一眼レフモデルやコンデジなど
多数の新製品を発表し、CP+での展示の後発売が予定されています。
熊本地震の影響が最小限だったこともあって、
どこか勢いの違いを見せ付けられた感がありますが、
キヤノンとて決して安閑をしていられないのは事実です。

昨年はコンデジが大幅に不振だったのに対し、レンズ交換式は
そこそこ堅調に推移し何とか全体の落ち込みをカバーしました。
そのレンズ交換式デジカメでは、ソニーやオリンパス、フジフイルムに
パナソニックなどミラーレス陣営が席巻し、キヤノンは末席です。
Mシリーズの投入を気にシェア拡大を狙っており、注目されます。

果たしてニコンはどうなるのか、100周年を迎えた今年、
いい意味での転換点にして欲しいと願うばかりです。


河津桜
2017/2/13 11:34 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 11:05 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.3EV) WB:6000K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 14:31 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 9:16 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/500秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津桜
2017/2/13 18:42 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
40mm相当 マニュアル露出(f/13 20秒) WB:3000K ISO:640 Natural 河津町


発売が予定されていたDLシリーズのうち「DL18-50 f/1.8-2.8」は
超広角ズームレンズを持つ唯一の高級コンパクトになるはずでした。
個人的には、「DL24-500 f/2.8-5.6」がオールマイティに使えて
手軽に持ち出せそうだと様子を見ながら発売を待っていました。
同種の高倍率機ではソニーやパナソニックなどがありますが、
大きさや重さで難がありAF性能も含めてニコン機に期待していたのですが。

既にコンデジでは選択肢が極端に減ってしまいました。
このままカメラ産業が衰退してしまえば、写真を楽しむ手段自体も
次第に縮小あるいは消滅してしまいかねません。
映像の記録は、後世に時代を伝える重要な手段でもあります。
どうか写真文化がなくならないよう、頑張って欲しいですね。



ところでこの河津での撮影中、E-M1 MarkIIに不調発生です。
バッテリーグリップ側のコマンドダイヤルと内蔵した
バッテリーが本体に認識されなくなり、操作不能となりました。
他のボタンやシャッターは使えるし、何度か着脱などを試したものの
症状は変化がなく、昨日販売店を通じてカメラ本体及び
バッテリーグリップは一旦メーカー送りとなりました。

今のところE-M1やE-M5 MarkIIがあるので困りませんが、
櫻などの撮影が続く時期だけに早く戻って欲しいです。



[edit]

急ぎすぎる春 



梅の開花が早いと聞いていました。
そして南伊豆河津町の河津桜も例年より
一週間程度開花が早まっていると観光協会などの
HPで伝えられていたものの、さすがにまだ
ちょっと早すぎたかなと思いながらの再訪でした。



河津桜
2017/2/14 10:26 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/125秒 +0.7EV) WB:6000K ISO:200 Natural 河津町



もう、ほぼ満開です!
見たい方は急いでください!
今週末にはピークでしょう。
一応桜まつりは3月10までですが、今月中には葉桜です。

例年2月下旬から3月初旬が満開だったのですが、
今年は暖冬傾向のせいか異常に開花が早まりました。
一時は2月10日からのまつりに開花が間に合わないからと
開花促進剤を一部の木に投与するなどが行われました。
しかし今年はそんな必要がないばかりか、祭りが始まって
即満開というある意味では異常事態です。

今回訪れた印象では、いわゆるバスによる団体客が少ないです。
まだピークはこれからと見込んでいるのでしょう、駐車場の
混雑具合も予想したほどではなかったのは時期の問題かな。
これで、今月末辺りに来る団体客は、既に葉桜になった
木々を眺めるしかなく、来月になってからではどうやって
集客したらいいのかすら問題になりかねません。

この調子では、染井吉野の開花も記録的な早さになるかも。
全国の「桜まつり」が「新緑まつり」になってしまいそうです。


今回は13~14日車中泊しながら堪能しました。
月明かりさえなければ星景も取り組めましたが、
つくづく伊豆はいいところだと実感します。
とりあえず約5000カットの整理が付かないので今日はこれまで。


[edit]

防災ワースト 



22年前の今日は阪神淡路大震災。
だから1月17日は「防災とボランティアの日」「おむすびの日」
その間にも新潟、東北、熊本などで大震災が起きています。
地震速報や観測網など技術的な進歩はあったし、
ボランティアやトリアージなどのソフト面での改善も見られました。
でも予測される南海トラフのような壊滅的な地震では機能しないかも。


とはいえ地震は大変な災害だけど滅多に起こるものじゃない。
一方で毎年やってくる台風や豪雪への対策はどうして進まないのか。
お年寄りが手作業で雪下ろしをする、毎年被害者が出る。
東京が毎年豪雪ならもっと雪対策は進んでいるはず。
五輪なんかに無駄金使うより、防災に回らないものか。
ダムや堤防は作りたがるけど、雪対策は人手頼み。
利権やキックバック、経済効果がないものには徹底的に手抜きする。
何気に日本人は権力者たちに命を奪われているのかも。



洞慶院
2017/1/15 10:28 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 FantasicFocus 洞慶院



洞慶院
2017/1/15 9:10 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +0.0EV) WB:5000K ISO:200 Natural 洞慶院



洞慶院
2017/1/15 10:03 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +0.7EV) WB:5000K ISO:200 Natural 洞慶院



洞慶院
2017/1/15 9:50 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 洞慶院



洞慶院
2017/1/15 9:35 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
220mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.0EV) WB:5000K ISO:200 Natural 洞慶院



E-M1 MarkII にはAFエリアが121(11x11)もあるので、
従来のように十字キーで選択していては面倒です。
しかしEVFを覗きながら、液晶モニターを親指でなぞることで
AFエリアを簡単に移動できる「AFターゲットパッド」は大変便利です。
動き物だけでなく、マクロ撮影でもAFエリアを頻繁に動かすので重宝します。

あらかじめ設定でONにしておけば、画面のダブルタッチで
簡易に機能のオンオフを切り替えられるし、鼻先が触ったりしても
作動することもないので、地味ながらいい機能ですね。
一旦移動したAFエリアは、ホームポジションに戻す機能を
ボタンに割り付けておけば一発で元に戻せます。


[edit]

高倍率のはずだが役に立つ 

カメラ本体のレポートばかりですっかり忘れていましたが、
新レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」の
インプレなどをこの機会に上げさせていただきますね。

この新しいレンズは、「PROシリーズなのに高倍率ズーム」
というのがいわば最大の謳い文句でもあります。
PROシリーズは「高い光学性能と防塵防滴、堅牢性を有し、どんな状況下でも
常に高画質を提供するプロフェッショナルレンズシリーズ」とメーカーHPにあります。
一方で高倍率ズームレンズは、どちらかというと利便性を優先していて
画質や耐久性などは二の次的な性格があるのは確かです。

高倍率ズームレンズの勝手なイメージとしては、レンズ1本で済まそうとする
どちらかといえばシニア層が盛んに愛用する光景を思い出します。
かつて富士山に通っていた頃には、周りのアマカメさんのほとんどが
高倍率ズーム(あのにゅ~っと長く伸びるヤツね)でした。
高倍率ズームにもメリットはあるものの、撮り手の表現をより
鮮明にするには、やはり単焦点や専用の望遠ズームなどの方が
遥かに適しているわけですが、荷物を減らしたいとか
レンズ交換の手間を惜しみたい方には欠かせないのでしょうね。


2017010901.jpg

標準ズームといえば、「M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO」があります。
初のPROシリーズとして登場、これ1本でPROレンズの実力を知らしめました。
そして同じ24mm相当から始まる点では共通していますが、
新たな12-100mm F4 PROはテレ端を一気に80mm相当から
200mm相当へ伸ばして万能レンズに仕立ててきました。

確かにこれ一本で大方の撮影がまかなえますが、
逆に捉えると明るさは一段暗いし重さは382g対561gと約1.5倍です。
またF2.8とF4でのボケ具合や、重さから来るハンドリングも違います。
ただし最大撮影倍率はどちらも0.6倍(35mm版換算以下同)なので
ほぼ同じ範囲を大きく写すことができます。

どちらか1本だけ持っていくのなら12-100mmでしょうが、
40-150mm F2.8も持てるのならば12-40mmに分があります。

※12-40mm F2.8 PRの前キャップ(LC-62D)は大変使いにくいので、
  25mm F1.2 PROのキャップ(LC-62F)にすると同じ口径でおススメです。


2017010902.jpg

高倍率ズームといえばM.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II もあります。
こちらもリニューアルして防塵防滴化され、コーティングも
新しくなって見かけによらず(?)よく写ってくれます。
ワイド端が28mm相当ながらF4と同じで、テレ端は逆に
300mm相当まで伸びるので大変使い勝手に優れます。
何より軽くてコンパクト、お手頃価格も魅力です。

ではやはり1本だけ持ち出すのならどっちか?
これはボディ次第かな、E-M1 MarkIIなら12-100mm F4 PROだし、
E-M5 MarkIIなどコンパクトなら14-150mm F4-5.6 IIでしょうね。
テレ端での撮影倍率は14-150mmが0.44倍、12-100mmは0.42倍と
ほぼ同等で、焦点距離の差もあってボケ具合も大きな差はなさそうです。
そういった意味では24mm相当の広角か300mm相当の望遠の
必要性で選ぶのもいいかもしれません。


2017010903.jpg

さて望遠ズームとしてではどうでしょう。
「M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO」は、オリンパスOM-Dユーザーなら
必携とも言える高画質・高性能・高い防塵防滴性・高い汎用性を持ちます。
意外にも最大撮影倍率は0.42倍と同じなのでどちらも大きく撮れます。
ただしここでもF2.8 とF4の差があり、ボケ具合の演出では
40-150mm F2.8 にアドバンテージがあります。
テレコンが使える点も大きいですね。

一方で12-40mm と40-150mmの2本を持つと1262gあります。
12-100mm F4なら561gですから半分以下ですね。
レンズ交換の必要もないので、風の強い時やイベントなど
シャッターチャンス優先の時にはメリットがあります。


2017010904.jpg

こうしてテレ端にズームすると、40-150mm F2.8は伸びませんが
12-100mm F4は同じぐらいの長さまで全長が伸びます。
この辺りは高倍率ズームらしさと言えますね。


さて今回登場したM.ZUIKO 12-100mm F4 PROはいかがでしょうか。
標準ズームとしては大きくて重い、望遠ズームとしては軽いけど暗い、
高倍率ズームとしては若干テレ端が物足りないなど
やや中途半端と捉えられかねないところもあります。
「万能レンズ」かといえば、オリンパスらしくかなり寄れるし、
防塵防滴性など頼もしさではPROレンズの面目躍如です。

しかしまだ発売されたばかりで店頭価格も13万円台後半と高価です。
そして12-40mmと40-150mmのF2.8 PROレンズ2本の方が
表現力という点ではずっと高いと感じます。
ここ最近は、試用の意味からこのレンズを優先して使っていますが、
超強力な手ぶれ補正を使うシーン以外ではどの程度出番があるか
正直なところまだ掴みきれないままでいます。


[edit]