かっぱのあしあと

3000の願い 



3月3日は「ひなまつり」
一部では「女の子のまつり」とか「男の子の節句」などという
性別を区別したことに異論を唱える思想もあると聞きますが、
まぁややこしいことは抜きにして楽しくやろうじゃありませんか。

ここ可睡斉がこれほどの雛飾りを展示するようになったのは、
遠州地域のお寺で行われる「お焚き上げ」に由来するといいます。
昔は雛飾りを代々受け継いでいましたが、古くなったり傷んだりすると
お寺に奉納し、お焚き上げで人形供養を行っていました。

しかし最近では住宅事情や核家族化、少子化などの影響からか
奉納される人形箱を開けてみると非常に状態のいいものが増えました。
そこで折角キレイな人形が集まるのならと専用の倉庫に保管し、
こうしてひな祭りの頃に一気に展示して参拝客を集めています。
32段1200体ものひな壇だけでなく、境内に並べられた1800体の
人形を合わせておよそ3000体もの雛人形が楽しめます。

特にこの巨大なひな壇は丈夫な階段を組み立ててから
毛せんを敷き、上から徐々に2週間もかけて並べていきます。
中には傷んだり装具が無くなるものもあり、片付ける際には
専用の「お焚き上げ箱」に収められて供養に回されます。



可睡斉
2017/2/27 14:34 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/40秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:3200 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 15:09 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/15秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:200 Vintage 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 15:26 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
76mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/80秒 -0.3EV) WB:6000K ISO:250 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 14:16 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/60秒 -0.7EV) WB:4000K ISO:3200 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 13:12 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/160秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:3200 Natural 可睡斉


3000体もの人形を見て回りましたが、ひとつとして同じ顔を見た気がしません。
全ての人形の顔つきや表情が微妙に異なり、それぞれ個性を感じさせます。
これも手作りならではの繊細さと人形に込められた願いによるものでしょうか。









スポンサーサイト

[edit]

伝統と変革 



今日訪れたお寺が、夕方のローカル番組で採り上げられていました。
急速な少子高齢化の波は、檀家や氏子に支えられてきた
全国の神社や寺院の維持・経営に大きく影響しています。
そのため、県内の神社・寺院では参拝客を増やす様々な
催しなどの対策を打ち出しているとのことです。

ここ袋井市の「可睡斉」は家康公命名の古刹で、
東海道随一の修行寺として知られる大変有名なお寺です。
しかし檀家の減少もあって、数年前から「ひなまつり」を催します。
日本最大級の32段1200体あまりのお雛様をはじめ、
境内には数え切れないほどの雛人形が飾られます。

掛川市にある「龍尾神社」も氏子の高齢化・減少を見越して
20年ほど前に茶畑を開いて500本もの枝垂れ梅を植え、
今では桜に先立つ花見スポットとして県内外からも
多くの見物客を集めています。

やはり袋井市の「法多山 尊永寺」はもともと檀家が少なく、
有名な厄除け団子や様々なイベントでの集客が収入源でした。
寺社の衰えは参道沿いの商店などにも影響します。
そこで新たな参拝客集めとして「ごりやくカフェ」と称して
精進料理などを振舞う食事会を行ったり、参道にも
コーヒーショップを開くなどの対策を行っています。



可睡斉
2017/2/27 14:13 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/60秒 -0.7EV) WB:4000K ISO:1000 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 14:43 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F2.8 PRO
82mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/40秒 -0.3EV) WB:4800K ISO:3200 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 13:31 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F2.8 PRO
56mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/60秒 +1.7EV) WB:4500K ISO:800 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 13:05 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F2.8 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/125秒 -1.0EV) WB:4800K ISO:3200 Natural 可睡斉



可睡斉
2017/2/27 14:06 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 7-14mm F2.8 PRO
14mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/60秒 -0.7EV) WB:4000K ISO:1600 Natural 可睡斉


こういったイベントは数週間からせいぜい数ヶ月程度の短期間なので
年中通しての集客にはなりませんが、どうしても地方の多くの
観光スポットは同じ事情で、先日訪れた河津町も桜まつりの期間中で
年間の観光収入の2/3以上を稼ぎ出しています。
何もしないよりは、こうして訪れる人がいてくれれば神社寺院の
維持経営には大きく寄与するし、知名度や親しみを覚えてもらう
だけでも大きな意味があるといわれています。

本来地域の信仰だけでなく集会や催しなど様々な機会で
拠点となってきた神社や寺院は、地方の商店街や学校などと同様に
少子高齢化の影響を強く受け存続すら危機的な状況です。
特に寺院では葬祭業者の増加でお寺を利用する檀家も減り
さらに後継者不足もあって廃業を余儀なくされる寺もあります。

寺院・神社は私も頻繁に撮影で訪れることが多いのですが、
もともとは信仰の場所であり観光スポットではないとはいえ
今後は伝統だけでなく変革を求められる時代になったのでしょうね。


[edit]

遥かなる友人 



「ハビタブル」とは、生命居住可能を意味します。
地球からおよそ39光年の距離にある「トラピスト-1」という
極めて小さな赤色矮星の回りに、NASAが7個の惑星を発見、
そのうち3個は液体の水が表面に存在する「ハビタブル惑星」
である可能性が高いと発表されました。

私たちのこの地球に無数の生命が存在する最も大きな要因は、
液体の状態の水が大量に存在することだとされています。
水が氷だったり水蒸気の状態では、生命活動すなわち
栄養の獲得や処理、体の隅々まで伝達することができず、
物質を変化させてエネルギーを得ることが困難です。

このトラピスト-1は、恒星としては非常に小さく質量も
太陽の8%程度に留まるため放出するエネルギーもわずかです。
しかし惑星がかなり太陽に近い軌道を回るため、
液体で水が存在しうる環境が得られていると考えられます。
となると地球のような生命に溢れた惑星を期待したいところです。


河津町
2017/2/13 13:14 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
190mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津町
2017/2/14 10:44 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
150mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/160秒 +0.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



河津町
2017/2/13 13:28 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 +1.0EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 河津町



河津町
2017/2/13 19:18 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/25秒 +0.3EV) WB:4000K ISO:2500 Natural 河津町



河津町
2017/2/14 9:38 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
360mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/800秒 -1.0EV) WB:5800K ISO:200 Natural 河津町



ただし問題もあります。
赤色矮星の特徴として、極めて強い太陽フレアの発生があります。
太陽表面から大きな炎を上げる映像を見たこともあると思いますが、
赤色矮星のそれは星全体が短い時間強烈な光を発します(閃光星)。
さらにそのとき、強い電磁波を発生するため地球型の生命では
よほど強力な電離層でもない限り生存できません。

それでも地下や海底などで暮らす生命の可能性も否定できず、
今後の観測でさらに詳しい状況が分かるといいですね。

ところで39光年なら比較的近そうに思えますが、
時速300キロの新幹線では47万年、時速700キロの飛行機でも
およそ20万年かかるという途方も無い距離です。
ちなみに20万年前の地球では、ようやくアフリカでホモサピエンスが
誕生した時代で、その頃に地球を発った飛行機が今になって
トラピスト-1に到着するほどの長い時間が必要なのです。

しかも、仮にトラピスト-1の惑星に生命が存在したとしても、
地球のものとは全く異なる可能性の方が遥かに高いです。
現在地球に存在する生命体は「無数の偶然と奇跡の賜物」であり、
それとほぼ同じプロセスを辿るのはそれ以上の奇跡だからです。
SF映画や地球人の全ての目撃談に登場する宇宙人が
如何に想像や勘違いの生んだものであるかがよく分かるでしょう。

それほどまでに地球は掛け替えの無いものであり、
人間ごときに汚されてはいけないのです。
遥かなる友人は地球をどんな風に思うでしょうか。


[edit]

桜の足 



今日は写真誌が一斉に発売の日。
書店の一角はまるで満開の桜並木の様相でした。
3月号はどの写真誌でも桜の名所や撮影法などを特集します。
行ってみたい、見てみたい、撮ってみたいと思わせる絶景が
数多く掲載されているものの、現実にはそこまで足を運ぶ
時間もコストも無ければ、体力や精神力も足りません。

でもそれほどまでに日本中に桜があるわけで、
日本人は本当に桜が好きなんだとあらためて思います。
毎年やってみたいと思うのは、桜を取り入れた星景撮影
なのですが、桜の見事な場所には大抵照明があるし、
寺院など夜間立ち入りの出来ない場所もあります。

昼間のロケハンで良さそうだと思っても、夜になって
訪れると思い切り水銀灯が灯っているとか、
山影の向こうに街明かりがあって空が明るいとか。
デジタルになって星景撮影がしやすくなったとはいえ、
思い描くイメージどおりの場所ってなかなか無いんですよね。



稲取
2017/2/14 11:44 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/60秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:640 Natural 稲取 雛の館



稲取
2017/2/14 11:47 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
36mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/60秒 -0.3EV) WB:4800K ISO:1600 Natural 稲取 雛の館



稲取
2017/2/14 11:55 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
34mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/60秒 -0.7EV) WB:4000K ISO:320 Natural 稲取 雛の館



稲取
2017/2/14 12:07 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/200秒 +0.0EV) WB:3800K ISO:3200 Natural 稲取 雛の館



稲取
2017/2/14 11:45 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
94mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/100秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:800 Natural 稲取 雛の館



最近桜の名所で話題になっているのが、相次ぐ「三脚禁止」です。
京都ではほとんどの寺院で三脚使用が禁止され、
中には撮影自体も禁止されている場所もあるそうです。
浦安の有名な遊園地も2008年から三脚使用が禁止です。
実はそれぞれに理由が異なっていて、一概に捉えられないものです。

京都などでの禁止は、狭い遊歩道を塞いだり、苔などを傷めたりして
庭を乱すといった寺院や他の参拝客への迷惑から。
撮影自体を禁じるのは、あまりにも大勢の撮影者が一角に殺到し
混雑ばかりか建物の耐久性にも影響しそうになるためとか。

また某遊園地の場合は、三脚で撮影したパレードの映像を
DVD化して無許可販売する者が後を絶たなかったとも言われます。
三脚で場所取りをしては観光客の顰蹙を浴びるとか、
立ち入り禁止の場所へ入り込むなど三脚のイメージはよくありません。

桜にとっては、三脚の鋭い先端で根を踏まれると木全体が傷みます。
足で踏まれただけでも影響があるので、花見の宴会もよくありません。
「桜の根に三脚を立てるのは、桜の足を踏みつけているも同じだよ」
とある富士山ポイントで言ってみたことがありましたが、
その中判カメラのファインダーを覗く人は苦笑いするだけ。
自然写真家って自然を愛する人じゃないのでしょうかね。


[edit]

その気にさせるもの 



昨年12月22日にオリンパスE-M1 MarkIIが
発売されて1ヶ月が経ちました。
この間ほとんどこのカメラばかりを使ってきました。
レンズも同時に購入したM.ZUIKO 12-100mm F4 PROを
優先して持ち歩き、様々なシチュエーションを試しました。
手にする以前からスペックで予想していたように、
フラッグシップを名乗る資質を備えたカメラだと実感しました。

こうしている今、他社にも大変魅力的なカメラがたくさんあります。
フルサイズミラーレスはひとつの大きな流れになるでしょう。
しかし私の個人的な撮影対象やスタイルでは、今のところ
このE-M1 MarkIIが最も合致しており、宝くじが当たっても
他社に移行する可能性は大変低いと思います。


2017012301.jpg
2017/1/9 9:27 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/1000秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 洞慶院



2017012302.jpg
2016/12/26 9:14 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/250秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:1250 Natural 掛川花鳥園



2017012303.jpg
2016/12/26 9:45 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 -1.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 掛川花鳥園



2017012304.jpg
2016/12/2 20:45 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-100mm F4 PRO
114mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/8秒 +0.3EV) WB:4500K ISO:200 Natural 静岡市街



2017012305.jpg
2016/12/30 0:55 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 マニュアル露出(f/2.8 50秒 +0.0EV) WB:4200K ISO:1600 Natural 朝霧アリーナ



とりわけ非常に特殊な機能や使いこなしが必要で時間の限られる
星景撮影ではこれほど使いやすいカメラはないと感じます。
フルサイズ一眼レフがいくら画質がよくても、ピント合わせや
フレーミング、露出をほぼ一発で決められるものはないでしょう。

また18コマ/秒の高速連写や6.5段相当もの手ぶれ補正だって
今のところこの機種でしか実現できていません。
そこまでのスペックが必要でない方でも、軽快な操作性や
強靭なボディと防塵防滴、ダスト除去性能などが
確実により快適な撮影をもたらしてくれます。

少々お値段が張るとはいえ、思い切って手にしてしまえば
まず後悔することはないと断言できます。
でもカメラもレンズも新しいものが一番いいんですけどね。



[edit]