かっぱのあしあと

去る三月 



その年度の締めとなるのが「決算」
大抵の会社は3月で決算を迎えるため、3月は何かと忙しい。
恐らく12月の年末なんかより3月の方がキツイ。
それに合わせて商売では決算セールをやる。
年度末に出来るだけたくさん儲けて黒字を出したいから。
買う側もセールに期待して3月に大きな買い物をする。

でも、年度末に慌ててセールやるよりも、
一年を通してある程度お買い得にしてくれた方がいい。
3月にまとめて買い物をすると何かと後が大変だし、
何より売る側のプレッシャーと繁忙は本当にキツイ。

それに3月の決算で儲けが出たからと言って
4月にすぐ還元されることも無い。
決算セールでたくさん買い物しましょうと3月にボーナスは無い。
もはや日本の悪い慣習になってしまった3月決算。
せめて花粉症のシーズンは外して欲しかった。

さらにタチが悪いのは「仮決算」と称して9月にもセールをやる。
で、しつこいけど9月に黒字が出たからと10月にボーナスは無い。
何か「決算」というわけの分からない悪魔に追い立てられている。



龍尾神社
2017/2/27 11:58 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 +2.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 龍尾神社



龍尾神社
2017/2/27 11:42 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
134mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.3EV) WB:4500K ISO:200 Vintage 龍尾神社



龍尾神社
2017/2/27 10:02 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/125秒 +1.0EV) WB:5800K ISO:250 FantasicFocus 龍尾神社



龍尾神社
2017/2/27 11:45 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
158mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +0.0EV) WB:6000K ISO:200 Natural 龍尾神社



龍尾神社
2017/2/27 12:25 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:1000 Natural 龍尾神社



何が「プレミアムフライデー」だ。
3月31日に午後3時なんかに帰ったりしたら4月1日には籍がない。
だから「プレミアムフライデー」という言葉はよく覚えておこう。
「ゆう活」や「アベノミクス」らとともに、一度も成功することなく
頓挫した官製キャンペーンとして年末のクイズ番組辺りで
問題に出されるだろうと思う。
あるいは役所が全力で記憶から消し去ろうと
また馬鹿げたキャンペーンを始めようとするかも。

温暖化のせいか開花が早まっている桜の見頃と
決算の最終追い込みの時期が重なるようになってきた。
毎晩深夜まで仕事をしては、ライトアップされた桜並木を
空しく眺めながらクルマを家へ走らせる。
ようやく4月になってみれば、葉桜に溜息しかない。

行ってしまう一月、逃げてしまう二月、
去ってしまえ三月。
また言ってしもうた。




スポンサーサイト

[edit]

トリプルスプリング 

やっと暖かくなりつつありますね。
1月始めまでは異例な暖かさでしたが、
その後寒い日が続き、3月になってようやく
春らしい日和が戻ってきそうです。
これまでも梅や河津桜の開花が非常に早かったように、
今年も異例に染井吉野の開花が早まるのかも。
ただ、今のところの開花予想は例年並みで、
静岡県では3日ほど遅いというのですからわかりません。
いずれにしろピークは今月中にやってきそうです。
遅れてきたインフルエンザ、花粉、決算の繁忙の
トリプルパンチ(死語?)で桜を追いかける余裕などありません。
それでウハウハに儲かるのならまだしも、現実は貧乏暇なし。
とりわけ社内でインフル患者が出ると一週間欠勤です。
ただでさえ忙しいのに周りがカバーするにも限界があります。
出勤している連中は花粉症で戦闘力は半減、
そんな時に桜が咲かれてもどうにもできません。
そろそろ春の祭りが始まっていますが、例年より1週間以上開花が
早まってしまうと祭りが盛り上がらず観光業界も困ります。
この季節の振動が毎年のようになると単に季節感といった
程度の問題ではすまなくなります。
四季の中で最も活動期であるはずなのに、その春がグラグラしては
その他の季節にまで影響を与えてしまいそうです。
日本に「期」があるために決算があって春の繁忙がなくなりません。
せめてその「期」を9月とかにずらせないものでしょうか。
などとネタもないので愚痴しか出てこないわけです。


2016030501.jpg
2016/2/29 11:27 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
114mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/125秒 +0.0EV) WB:5800K ISO:320 Natural 龍尾神社


2016030502.jpg
2016/2/29 10:32 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:1000 Vintage 龍尾神社


2016030503.jpg
2016/2/29 11:47 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
158mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:200 FantasicFocus 龍尾神社


2016030504.jpg
2016/2/29 12:20 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
52mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 ToyPhoto 龍尾神社


一番左側を縦読みしても何も出てきませんよ。
よい週末を。

[edit]

あちらとこちら 

デジタルカメラ情報では最も詳細で多様性があるインプレスの
「デジカメWatch」ですが、毎週アンケート企画を行っています。
そして前回のアンケートの結果を同時に掲載していて、
先日の記事では「写真を撮っていて周囲に怪しまれたことがありますか?」
というテーマで意見を募集した結果が数々掲載されました。

総計846件の投票の結果、怪しまれたことがある人は
52.8%の447件、ないというのは47.2%の399件でした。
このサイトの利用者の一部によるというある意味で特殊な
層が対象になっているため、一般的な数字とは違うかもしれません。
とはいえ約半数の人は何らかの「経験」を持っているわけです。

その内容はというと、人物や建物を撮影していたら被写体以外の
(向こう側にいる)人物や管理者などから警告を受けたというものが目に付きます。
これは「こちら」が撮ろうとしたものと、撮られたのではないかと
疑う「あちら」の人との意識の相違が生み出すもので、
事情を話すとか謝る、その場で画像を消すといった対応が多いようです。

また建物や施設などでは、防犯対策上基本的に内部の撮影は不可で、
外観の撮影でも場合によっては警備員が飛んでくることもあります。
これらはある意味で想定できることで、もし想定外で警告を受けた場合には、
管理者や委託された警備員などに従うしかなく、これに文句を言ったところで
問題の解決にも気分の解消にもなりません。

群集などでカメラを構えたとき、逆にカメラの向こう側の人物の
気持ちになって考えてみることも必要になってきました。
最近では撮影された写真が個人のアルバムや限定された
出版物だけに限らず、ネットを通じて意図しない対象にまで
「拡散」されたりといった「被害」の恐れが高まっています。

その意味では「今撮っただろ!」と指差されることだってあるだろうし、
そういったケースをあらかじめ想定しながら写真を楽しむしかありません。
とはいえ時代も時代であることからして、街角スナップや住居地での
野鳥撮影などがやりにくくなってきているのは事実です。
その上「撮り鉄」の行動や先日ここで触れたイベントでのアマカメの態度など
カメラマンと言うだけでいい印象を持たれない風潮は何とかしたいですね。

また大きなカメラを持ったアマカメばかりでなく、一般の人がスマホを
何にでも向けてはシャッターを切ったり動画を撮影したり、
中には自撮り棒を振り回すなどといったマナー違反も無くならないでしょう。
そして徐々に「撮影禁止」の看板が増えさらに「立ち入り禁止」にまで
なってしまうようなギスギスした社会が蔓延するのは避けたいものです。


2016030201.jpg
2016/2/29 10:38 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 +0.7EV) WB:5000K ISO:2000 Natural 龍尾神社


2016030202.jpg
2016/2/29 11:33 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
190mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/250秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:320 Natural 龍尾神社


2016030203.jpg
2016/2/29 10:23 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:320 Vintage 龍尾神社


2016030204.jpg
2016/2/29 10:06 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:250 Natural 龍尾神社


2016030205.jpg
2016/2/29 9:58 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 +0.0EV) WB:6000K ISO:200 Vintage 龍尾神社


かくいう私はというと、イベントや祭りのような場所以外において
群衆の中でカメラを構えることはほとんどなく、トラブルもありません。
街角で見かけた面白い対象であっても、相手が嫌がりそうだったり
そもそも禁止しそうな対象は出来るだけ避けるようにしています。
人が横切りそうな時にはサッとカメラを上に向けてしまいます。

先のアンケートで「怪しまれない」と言っていた残り約半数の人の場合でも、
もしかしたら声こそかけられていなくても疑念を抱かれた可能性があります。
そんなことが繰り返されるうちに、ある日突然カメラ禁止令発布なんてことも
ないとは言い切れないと思ってしまうのです。
たとえこちらが間違っていない、正しいことをしているんだと思っていても、
いきなりカメラを向けられシャッターを切られた人の気持ちを考えたならば
カメラマンの一方的な理屈は必ずしも正しいことだと言い切れないわけです。

一億総カメラマンとなった現代では、誰もが被害者にも加害者にもなりえます。
その一方でネットの影響は肖像権や著作権、個人情報など様々な問題を
抱えており、スマホを含めてカメラを持つ人みんなに意識が必要ですね。



[edit]

乾燥注意報 

やはりまた今年もCP+へは行けませんでした。
前日までルートや駐車場、持ち物などをチェックしていましたが、
27日夕方になって、28日にやらないとどうにもならなくなるほど
仕事が残ってしまい、今回も泣く泣く断念です。
Twitterには現地から様々なリポートが飛び込んでいます。
それらを見ることなくスクロールしていると
気持ちまで流れていってしまいそうでした。

こうなると何とかして凹んだ気持ちを埋め合わせたい。
こんなに仕事を頑張っているんだからと「自分へのご褒美」に
高額なジュエリーや時計などを買ってみる人もいます。
でも「自分へのご褒美」というのは、自分の預金残高を減らすだけ
という最大限のペナルティになってしまうものなんだと
冷静になれるかどうかが肝心。

その「仕事」で減った残高をカバーできるのならまだしも、
時間外手当というのは果たして「ご褒美」なんだろうかと。
買ってしまったものを眺めては少しでも気持ちが癒されるのだろうか。
仕事を頑張って手に入れた新しいカメラで撮影を楽しんだ時、
やってよかったんだと自分に言い聞かせて納得できるのなら
それはそれで「結果オーライ」なんだろうか。


2016022901.jpg
2016/2/29 10:50 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 -0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 龍尾神社


2016022902.jpg
2016/2/29 11:26 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:200 Vintage 龍尾神社


2016022903.jpg
2016/2/29 11:45 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
150mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/320秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 龍尾神社


2016022904.jpg
2016/2/29 11:49 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.0EV) WB:5000K ISO:320 Vintage 龍尾神社


2016022905.jpg
2016/2/29 12:19 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -0.7EV) WB:6200K ISO:200 Natural 龍尾神社


今日は2月29日、4年に一度のうるう年。
「うるう年は1日得した気分になるね」なんて言うひともいるけど、
得したわけではなく、一年が正確には「365と1/4日」だからであって、
積み立てていた預金を返してもらっただけのこと。
4年に一度地球が一回余分に回るわけでもないんだし。

なんて何だかカサカサした気分を、とにかくどうにかしないと。
この春に出た新製品のどれかを買ってしまおうかと考えたり、
「いやちょっと待て」と熱を冷ましてみたりの繰り返し。

ホント、ストレスは地球をダメにする。

[edit]

車輪のない飛行機 

去る3月11日、東日本大震災追悼復興祈念式で天皇陛下はお言葉を述べられました。
以下全文です。

「東日本大震災から4年が経ちました。ここに一同と共に、
震災によって亡くなった人々とその遺族に対し、深く哀悼の意を表します。

4年前の今日、東日本を襲った巨大地震とそれに伴う津波により
2万人を超す死者、行方不明者が生じました。
テレビに映った津波の映像は決して忘れることのできない本当に恐ろしいものでした。
死者、行方不明者の中には、危険を顧みず人々の救助や防災活動に
従事した人があったことが今も痛ましく思い出されます。

被災地で、また、避難先で被災者の多くが今日もなお困難な暮らしを続けています。
特に年々高齢化していく被災者の健康は、深く心にかかります。
さらにこの震災により、原子力発電所の事故が発生し、放射能汚染地域の立ち入りが
禁止されているため、多くの人が住み慣れた場所から離れることを余儀なくされました。
今なお、自らの家に帰還する見通しがたっていない人々が多いことを思うと心が痛みます。

この4年間人々が厳しい状況の中、お互いの絆を大切にし、幾多の困難を乗り越え、
復興に向けて努力を続けてきました。

また、こうした努力に支援するため、国内外の人々が引き続きいろいろな人が尽力しています。
この結果、地場産業の発展、防災施設の整備、安全な居住地域の醸成など、
様々な進展が見られましたが、依然として被災した人々をとりまく状況は厳しく、
これからも国民皆が心をひとつにして寄り添っていくことが大切かと思います。

この度の震災においては、災害に関し日頃の避難訓練と防災教育が
いかに大切かを学びました。
こうした教訓を決して忘れることなく子孫に伝え、より安全な国土を築くべく
努力をしていくことが重要であると思います。

この14日から宮城県仙台市において、第3回国連防災世界会議が開催されますが、
この会議において我が国のみならず、世界各国においてもこの度の大震災の教訓が
分かち合われ、被害の軽減や人々の安全の確保に意義ある成果をあげられることを願っています。

被災地に1日でも早く安らかな日々の戻ることを一同とともに願い、御霊への追悼の言葉といたします。」


2015031401.jpg
2015/3/10 11:01 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
240mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 -1.7EV) WB:4500K ISO:200 Natural 龍尾神社


2015031402.jpg
2015/3/10 9:44 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 -1.7EV) WB:4500K ISO:200 Natural 龍尾神社


2015031403.jpg
2015/3/10 10:50 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 龍尾神社


2015031404.jpg
2015/3/10 9:23 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.7EV) WB:5800K ISO:200 Natural 龍尾神社


2015031405.jpg
2015/3/10 11:41 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
76mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/3200秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 ToyPhoto 龍尾神社


昨年2014年のお言葉はこちら → 「この道
2013年のお言葉 → 「忘却の生き物
2012年のお言葉 → 「鎮魂と願い

2013年の式典では、その数ヶ月前に発足した第二次安倍政権の
「影響」(=圧力?)からか原発に関するご発言は見受けられません。
しかしそれ以外の3回に共通するのは、原発事故により住み慣れた
故郷を離れて住まざるを得ない被災者へのご心痛と、
国民皆が心を寄せ合ってこの難局を乗り越えることへの期待です。

震災からもう4年も経ったのに、ほぼ同じ内容が繰り返されています。
つまり4年経っても、何も変わっていない、進展していないことの証です。
遅々として復興は進まず、コンクリートの壁造りにだけは邁進しています。
一方で原発の再稼動は先を急がれています。

仮に原発再稼動が必要だとしても、それはウラン採掘から放射性廃棄物の安全な処理、
あらゆる事故や犯罪からの原発の保護が完璧に備わるシステムができてから
初めて可能になるもので、廃棄物の処理すら見通しの立たない限り
飛び立った飛行機が車輪を捨てたようなものです。
何処へも着陸できず、いつかは墜落するだけ。

政権に首根っこを掴まれた御用メディアは国民を欺き、
私たち国民は車輪のない飛行機の乗客にされてしまうのか。
その飛行機の離陸を止める手立てはないのか。
来年の陛下のお言葉に変化はあるのか。
陛下の願いが叶うのはいつになるのでしょうか。

それとも。。。

[edit]