FC2ブログ

かっぱのあしあと

スマートさん増える 

26日から東名高速道路で集中工事ということで、
しばらく遠出は控えようとも考えたものの、
やはりせっかくの休みにゴロゴロしていても勿体ないし。
幸い静岡県には「新東名高速」があるので、
そちらを利用して再び浜松方面へ向かいました。

しかし新東名は主に山の方を走るため、ICから浜名湖方面へは
かなり距離があり、東名高速の浜松西ICなら20分の場所へ
1時間もかかりながら辿り着いては後悔するばかり。
まぁ集中工事の期間は短いので少しの間の我慢かな。

ところで、このところ高速道路にスマートICの設置が増えています。
SAやPAから一般道へ出入りするタイプは既に相当数がありますが、
バス停などを利用したものも含め、ここ数年での設置も予定されています。
従来のICに比べるとかなり低コストで作れるし、一般に市街地から
距離のあるICでは取り付け道路の渋滞などが発生するのに対し、
市街地などに近い場所へ設置すれば交通量が分散します。

浜名湖周辺でも、浜松西ICを挟んで2箇所のスマートICが建設中です。
ひとつは東側の三方原PAに、もうひとつは西側の舘山寺バス停に
設置される予定で、どちらも2017年3月に供用開始予定です。
三方原スマートICは浜松市街地へのアクセスが改善します。
また舘山寺スマートICは、浜名湖周辺の観光スポットへ
非常に短い距離と時間でアクセスできるようになる模様です。

この浜松市動物園の場合、浜松西ICからは20分ほどかかりますが、
舘山寺スマートICができればわずか5分ほどで行けちゃいます。
またよく訪れる浜名湖ガーデンパークへも、10分ほど短縮できそうです。
この他にも今後続々とスマートICが出来ると、ますます高速道路が
利用しやすくなるし、高速を降りてからのアクセスも楽になります。


2016092701.jpg
2016/9/26 14:38 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
134mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/160秒 -1.0EV) WB:5500K ISO:200 Natural 浜松市動物園
どう見ても入れそうもない珍客に 「ここはオレんちだぞ~!」


2016092702.jpg
2016/9/26 13:56 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/250秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:400 Natural 浜松市動物園


2016092703.jpg
2016/9/26 15:43 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/100秒 -0.7EV) WB:6000K ISO:2500 Natural 浜松市動物園
今月生まれたばかりのコモンマーモセットの赤ちゃん
まだ覚束ない足取りで木登りもできないので始終抱っこしています


2016092704.jpg
2016/9/26 14:36 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
124mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 +0.0EV) WB:6000K ISO:200 Natural 浜松市動物園


2016092705.jpg
2016/9/26 15:52 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/320秒 -0.7EV) WB:4500K ISO:1000 Natural 浜松市動物園

閉園時間が近づく平日の動物園。
気が付くと、辺りは自分だけ。
飼育員さんにおやつをもらって満足げなレッサーくん。
夕暮れの動物園って、なんかいい。


スポンサーサイト



[edit]

10へGO 

ポケモンGO騒ぎですっかり忘れかけていますが、
実はWindows10への無償アップグレード期限は7月29日まで。
PCを起動すると秒読みの画面が出ては催促されてきました。
期限を過ぎると有料でしか手に入らなくなります。
しかしどれほどのWindows7/8.1ユーザーがアップデートしたのでしょう。

ちなみに私は当面Windows10へのアップデートはせず、
旧くなってきたPCごと代替するつもりではいます。
ただ、パソコンなどのハードウェアや最新の動画コンテンツなどには
全く興味がないおかげで、現有のWindows7パソコンでも
今のところ困っていることはありません。

アドビの売上げにも貢献せず、プリンターすら使わなくなって
久しいこのごろ、カメラ→ブログの狭い範囲でしか自由時間を
費やすこともなくなりましたがいつまでこの状態が続くか。
でも自分がそれでよければいいじゃないかとも思うようにしています。


2016072801.jpg
2016/7/25 14:27 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/500秒 +0.0EV) WB:5000K ISO:200 Natural 浜松市動物園


2016072802.jpg
2016/7/25 15017 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/400秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:640 Natural 浜松市動物園


2016072803.jpg
2016/7/25 13:52 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/640秒 +0.0EV) WB:5000K ISO:200 Natural 浜松市動物園

ストックホルム生まれ浜松育ちのホッキョクグマ「バフィン」は、
繁殖のため一時大阪の天王寺動物園へ貸し出されていました。
超歳の差カップルによる超高齢出産を見事に果たし、
愛娘「モモ」を連れて浜松に戻ってきました。

人間で言えば60代という驚くべき高齢出産でしたが、
2014年11月生まれの「モモ」を懸命に育て上げました。
やんちゃ盛りのモモを慈しみ、しつけ(?)の毎日を元気に過ごします。


2016072804.jpg
2016/7/25 14:00 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/500秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 浜松市動物園

遊び疲れたモモはおっぱいをおねだり、
ひとしきり飲んだ後はバフィンの背中で夢見心地。


2016072805.jpg
2016/7/25 15:50 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/400秒 -0.3EV) WB:5200K ISO:640 Natural 浜松市動物園


夏の動物園は厳しいです。
多くの動物が、暑さから屋内へ退避してしまいます。
アフリカ由来のはずのゾウやライオンまで獣舎の中です。
人間が耐えられるわけがないないよなぁ。



[edit]

8月の白いそら 

8月になりました。
7月はいかがでしたか。
今年の梅雨はなんて考えているうちに、
いつの間にか梅雨は明けて夏にまっしぐらです。
「夏」と聞いて心躍っていたのはずっと昔。
「夏」と聞いて心まで溶けるのが今。
気候変動のせいか、子供の頃の夏らしい空に会えない。

昨年は盆休み前に胆のう摘出の手術を受け、
休みに入っても通院と加療の日々で何処へも行けませんでした。
今年は体調も悪くはない、月明かりのない流星群もあるし、
せめて2~3日は好きなものを撮り歩きたいところ。
でも予定は未定。

夏は身近なところにいい被写体が見つけにくいので
どうしても撮影が滞るし満足のいく結果も残せないもの。
とりあえず一週間ほどの時間はあるし、子供のようには行かないが
何か夏休みの思い出が残せたらいいかなと。


2015080101.jpg
2015/7/13 10:38 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F.2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/3200秒 -0.7EV) WB:5000 ISO:200 Natural


2015080102.jpg
2015/7/27 14:40 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F.2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/4000秒 -1.3EV) WB:5000 ISO:200 Natural


2015080103.jpg
2015/7/13 11:38 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F.2.8 PRO
150mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/5000秒 -0.7EV) WB:4500 ISO:200 Vintage


2015080104.jpg
2015/7/27 12:47 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F.2.8 PRO + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/3200秒 -1.7EV) WB:5300 ISO:200 ToyPhoto


2015080105.jpg
2015/7/13 9:51 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F.2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +0.3EV) WB:6000 ISO:200 Natural


残り物しかなくてスンマセン。
「蔵出し」というのに慣れていないので。


経験上、もっとも過酷なのは盆休み前。
皆さまもご自愛ください。


【フォトマスター検定 1級:共通問題】より 第46問

次の文章を読んで、(   )に入る正しい言葉の組合せを(1)~(3)の中から選べ。
「ストロボ光を拡散させないで被写体に照射するための道具で、ストロボの
発光部(あるいはその近く)に取り付けて使用するものを( ア )という。
( イ )状になっており、外付けの大型ストロボのアクセサリーとして使用する。」
※ただし、ストロボはスピードライト、フラッシュなどともいいます。

(1) ア:グリッド    イ:格子
(2) ア:リボン     イ:帯
(3) ア:ネット      イ:網目



[edit]

蒼い月 

明日7月31日は満月です。
今月は2日も満月でした。
同じ月に見られる2度目の満月を「Blue Moon」と呼びます。
正式な名称とか、天文・気象用語でもなく言い伝えのようなもの。

ちなみに前回は2012年、次回は2018年、
正確な間隔は同じではなく、月の動きと人間が勝手に
決めた暦がリンクするわけでもなく、それでも
おおよそ2~3年に1度程度見られるとされています。

2度目の満月を「Blue Moon」と呼ぶ由来は諸説あって、
「Double Moon」が訛った(?)とか、蒼い月など滅多にあり得ないことから
たまにしか起こらない2度目の満月をさしたなどあるようです。
また2度の満月を一緒に見ると幸せになれるといった
ロマンも語られるようになったのも月の神秘性ならではでしょうね。

今日日本全国が梅雨明けしました。
明日のBlue Moonを全国で楽しめるかは微妙ですが、
1度目の満月を見逃した人も、明日の満月を眺めてみましょう。
「その気」になれば、蒼く見えるかもしれません。


2015072901.jpg
2015/7/27 14:00 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/1250秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 LightTone


2015072902.jpg
2015/7/27 14:37 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/320秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:400 Natural


2015072903.jpg
2015/7/27 15:09 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/400秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:250 Natural


2015072904.jpg
2015/7/27 12:48 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/500秒 -1.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural


2015072905.jpg
2015/7/27 14:14 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm + MC-14
220mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/640秒 -1.3EV) WB:5300K ISO:200 LightTone


デジタルカメラの性能が向上して、月明かりでも十分撮影が可能になってきました。
月明かりの景色は、日光でのそれと比べると非常にコントラストが高まります。
日光は反射で光が散乱するのに対し、月光は直接光が当たった部分しか
照らされることがなく、それ以外の部分は真っ暗になります。
デジタルカメラで長秒露出すると、まるで昼間の景色のように写せます。
でもよく見ると陰影の出方が違うのでわかるわけですね。

夏は夜が短く、月の高度も冬より低くなります(太陽と逆なわけです)。
貴重なBlue Moonの機会を逃さず、お月見を楽しんでくださいね。



【フォトマスター検定 1級:共通問題】より 第45問

次の文章を読んで、正しい記述を(1)~(3)の中から選べ。
「マニュアル露出でストロボの発光量を固定して『スローシンクロ撮影』を
行ったところ、できあがった写真において、主要被写体は良好な明るさであったが、
背景が明るすぎる結果となった。主要被写体の明るさはそのままとして、
背景を良好な明るさとなるようにする『スローシンクロ撮影』を行うには、
どのような操作を行うのがよいか、最も適切なものを次の中から選べ。」
※ただし、ストロボは、スピードライト、フラッシュなどともいいます。
  また、主要被写体と背景の距離は100m以上離れているものとします。
  なお、フィルムカメラの場合、装填するフィルムのISO感度設定は合わせる
  ものとし、撮影後のフィルムはそれぞれ標準的な現像処理を行うものとします。
  そして、デジタルカメラの場合には、ISO感度と推奨露光指数(REI)と
  標準出力感度(SOS)が等しいものとします。

(1)ISO感度、ストロボの発光量、シャッター速度はそのままとして、絞り値を大きなものとする。
(2)ISO感度、ストロボの発光量、絞り値はそのままとして、シャッター速度を速いものとする。
(3)ストロボの発光量、絞り値、シャッター速度はそのままとして、ISO感度を低いものとする。


[edit]

気を付けたら 

連日の猛暑日予想に感覚が麻痺しそうです。
さらに熱帯夜続き、日本はもはや温帯ではなく熱帯です。
かと思えば冬には豪雪、単純に温暖化だけで語れません。

毎日熱中症で何人搬送されたとか亡くなったとか、
だから「熱中症に気をつけましょう」
誰に対して言っているのかわかりませんが、
少なくとも熱中症は本人だけでは防ぎきれません。

毎年億単位の被害を出している振り込め詐欺も同様です。
「振り込め詐欺に注意しましょう」
それでも詐欺は横行し防ぎきれていません。
「気を付けましょう」と言えば、熱中症になった人の責任、
詐欺に遭った人の責任、結局弱い人が馬鹿を見る。

70年間戦争が無かっただけでもシアワセなのかな、日本って。


2015072701.jpg
2015/7/27 14:34 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/400秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:1600 ToyPhotoIII


2015072702.jpg
2015/7/27 13:23 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/1000秒 -1.3EV) WB:5300K ISO:200 ToyPhoto


2015072703.jpg
2015/7/27 15:11 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/800秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 ToyPhotoII


2015072704.jpg
2015/7/27 13:05 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 + MC-14
250mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/640秒 -0.7EV) WB:4500K ISO:200 Natural


2015072705.jpg
2015/7/27 14:48 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 + MC-14
420mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/400秒 -1.0EV) WB:5000K ISO:500 Natural


「熱中症に厳重警戒!」「不要不急の外出を控えましょう」
「ゲリラ豪雨に警戒してください」「食中毒を防ぎましょう」
そんな日本で5年後にオリンピック、つまりスポーツ大会などできるのか。
国内や世界中から訪れた人々がバタバタと倒れては病院をたらい回し。
厚労省も文科省も「東京」五輪だから東京都の責任だと言うだろうな。

毎年熱中症や雪降ろしで何人もの人(特にお年寄り)が亡くなります。
台風や地震、火山の噴火でも犠牲者が出ます。
「日本は自然災害が多いから...」
「災害に強い国造り」と言う名の公共工事の有効性は。
自然だけじゃない、人災としか思えない被害だってあるし。

70年無かった戦争だっていつ来るやら。



【フォトマスター検定 1級:共通問題】より 第44問

別紙図版(6)の写真S、T、Uを見て解答すること。

次の文章を読んで、記述が正しい場合には(1)を、間違っている場合には(2)を選べ。
「【写真S】、【写真T】、【写真U】は、定常光はあるものの比較的暗い部屋で撮影した
ものである。この3枚の写真は、いずれも、ISO感度設定をISO400として、約3m先にある
樹木を背景として約1m先にあるユリにピントを合わせて撮影したものである。
そして、絞り値はF5.6のみ、使用したシャッター速度は、1/2秒と1/60秒のどちらか、
発光量を一定としたストロボ(スピードライト、フラッシュともいう)およびピントを
合わせた花の後ろ側に配置したスレーブストロボの発光の有無がある。

これらの条件から、【写真S】は、シャッター速度は、わからないものの内蔵ストロボも
スレーブストロボも発光させていないものである。【写真T】は、絞り値はF5.6、シャッター速度
1/60秒で内蔵ストロボのみを発光させて撮影したものである。【写真U】は、絞り値はF5.6、
シャッター速度1/60秒で内蔵ストロボとスレーブストロボを発光させたものである。」


※フォトマスター検定参考書が発刊されました。
 「フォトマスター検定合格―必ず役立つ基礎知識と前年度問題解説集〈平成27年度〉
 ぜひチャレンジしてみてください。


 

[edit]