かっぱのあしあと

こんなもんじゃ 



今日の静岡は31.4度、日本で一番暑かったらしい。
でもそれは気象庁の百葉箱(なんて使ってないか)の
中の比較的涼しい環境下で、街中は猛暑日並みでした。
まだ5月初旬、梅雨もその先の真夏もまだこれから。
さすがに暑さに慣れていないと大変です。

櫻も藤も終わって、紫陽花や花菖蒲は月末辺り。
月明かりはあるしで今しばらくは予定に困ります。



城北公園ナンジャモンジャ
2017/5/8 13:34 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
28mm相当 絞り優先AE(f/5.0 1/400秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 城北公園



城北公園ナンジャモンジャ
2017/5/8 13:31 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/500秒 +1.0EV) WB:5000K ISO:200 Natural 城北公園



城北公園ナンジャモンジャ
2017/5/8 13:43 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
28mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/160秒 -0.7EV) WB:5300K ISO:200 LightTone 城北公園



城北公園ナンジャモンジャ
2017/5/8 13:47 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
84mm相当 絞り優先AE(f/5.4 1/640秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 城北公園



城北公園ナンジャモンジャ
2017/5/8 13:29 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6 II
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 +0.7EV) WB:5300K ISO:400 Vinyage 城北公園



GWが終わって、次は盆休みですか。
私の場合今年はなんと9連続。
途中ペルセ群もあるけど8日が満月で条件悪し。
それでもゆっくり星を見られるのは連休ぐらいだし。
だいぶニコン機材売却が進んである程度資金もあるし。
でも今思い切っちゃって後悔するのもねぇ。。。

あ、オリンパスでファームアップが出ました。




スポンサーサイト

[edit]

なんじゃもんじゃこんなもんじゃ 

「なんじゃもんじゃ」で検索すると、大抵はこの花がヒットするのですが、
ときたま「もんじゃ焼き」屋だったりカラオケ屋も顔を出します。
「なんじゃもんじゃ」は得体の知れない草木を呼ぶそうですが、
今日では主に「ヒトツバタゴ」を指す事が多いらしいです。

日本では東海地域が生息域ですが、植樹されてあちこちで見られます。
櫻が終わった連休の頃に、雪をかぶったような光景に変わります。


2015050501.jpg
2015/5/2 11:04 OLYMPUS STYLUS 1
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:100 i-Finish


2015050502.jpg
2015/5/2 9:56 OLYMPUS STYLUS 1
150mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 -0.7EV) WB:4500K ISO:100 Natural

連休で賑わう公園には花見客や、わざわざ遠方からも見物に来ています。
花の固まりは触れるとふわふわとした羽毛のような柔らかさ。
香りはないものの、眩しい純白の花に和みのひと時です。


2015050503.jpg
2015/5/2 9:51 OLYMPUS STYLUS 1 + Kenko Close-up Lenz(No.2)
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 -0.3EV) WB:4600K ISO:100 Natural

近寄ってよく見ると、四つに分かれた花びらがプロペラのようです。
案外花の少ない時期だけに、珍しい光景に多くの人々が感嘆していました。


2015050504.jpg
2015/5/2 9:42 OLYMPUS STYLUS 1 + Kenko Close-up Lenz(No.2)
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 -0.3EV) WB:4800K ISO:100 Natural

STYLUS 1には二つの欠点(?)があります。
一つは最短撮影距離がテレ端で80cmと長いこと。
スーパーマクロモードもあります(1cmまで寄れる)が、焦点距離は42mm相当固定。
小さなセンサーでボケを活かすには、望遠でかつ寄れなくてはダメです。
同じ焦点距離(相当)のM.ZUIKO14-150mm F4-5.6IIは33cmまで寄れます。

そこでクローズアップレンズをアダプターチューブ経由で取り付けます。
ただしこの状態ではワイド端でケラレるので、望遠での撮影専用です。
それでもレンズ前30cmまで近づけるのでかなり拡大できます。
およそ4x3cmの範囲を画面一杯に撮影が可能です。


2015050505.jpg
2015/5/2 10:05 OLYMPUS STYLUS 1
76mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 -1.0EV) WB:4500K ISO:100 Natural

もう一つはOM-Dのように、手振れ補正がEVFに反映しないこと。
OM-Dはシャッターボタンを半押しすると手振れ補正が効いて
EVF内の画像が安定し、フレーミングやピント合わせに有効です。
STYLUS1にはこの機能がないので、フレーミングには気を使います。

明るく高画質な高倍率のズームレンズを持ちながらコンパクトで
操作性にも優れたSTYLUS 1はもっと評価されてもいいと思います。
最近はとにかく大きなセンサーがもてはやされますが、
カメラに必要なのはトータルバランスと使いやすいこと。
オリンパスのコンデジはSH-2やTG-4など後継機が出ていますが、
「STYLUS 2」が出るかはちょっと心配と期待が入り混じります。


大型連休も今日と明日で終わり。有意義に過ごせましたか?
大型でなくていいので、もう少し連休が欲しいですね。


【フォトマスター検定 1級:デジタルカメラ分野問題】より 第19問・第20問

「デジタルカメラで撮影した画像を記録メディアに保存する場合に使われる
画像データ形式の代表的なものは、RAWデータ形式とJPEG(Exif)データ形式である。
RAWデータ形式の画像データは、基本的に撮像素子の各画素から出力された
アナログ信号を( ア )。 それに対して、JPEG(Exif)データ形式の画像データは、
基本的に撮像素子の各画素から出力されたアナログ信号を( イ )。」
※ただし、RAWデータ形式の画像データは、非圧縮のものとします。
  また回答選択肢中にある「A/Dコンバータ」は「A/Dコンバータ部」を含むものとします。

問題19 ( ア )に入る正しい言葉を(1)~(3)の中から選べ。

(1)A/Dコンバータでデジタル化されたままのものである
(2)A/Dコンバータでデジタル化されたものをデモザイキング(デモザイク処理、
  同時化処理)したものである。
(3)A/Dコンバータでデジタル化されたデモザキリング(デモザイク処理、同時化処理)
  して諧調や色の再現性を整える処理をしたものである。

問題20 ( イ )に入る正しい言葉を(1)~(3)の中から選べ。

(1)A/Dコンバータでデジタル化されたものをデモザイキング(デモザイク処理、
  同時化処理)せずに、諧調や色の再現性を整える処理、光源の違いによる
  色再現性の補正などを行い、最後に圧縮処理したものである。
(2)A/Dコンバータでデジタル化されたものを、諧調や色の再現性を整える処理、
  光源の違いによる色再現性の補正をしてから、デモザイキング(デモザイク処理、
  同時化処理)などを行い、最後に圧縮処理したものである。
(3)A/Dコンバータでデジタル化されたものをデモザイキング(デモザイク処理、
  同時化処理)してから、諧調や色の再現性を整える処理、光源の違いによる
  色再現性の補正などを行い、最後に圧縮処理したものである。

[edit]

インチきでないインチ 

前回の記事で触れましたが、コンデジの買い替えを迫られました。
で、結局は同じキヤノンのPowerShot G7 Xになりました。
コンデジごときにこんなに悩んだことはありませんでしたが、
なにより選択肢が極端に減ってしまったのが主因です。

高倍率ズーム機の場合、あまり倍率が高いとかえって使いにくい。
LUMIXのTZ70は画素数を抑え、EVFも搭載する点では良かったものの、
実機を見てその安っぽすぎる質感に幻滅しました。
防水系ではオリンパスのTG-4が最有力でしたが、それほど
頻繁に濡れることもなさそうだし、スナップ的な用途には使いにくそうです。
どうせライトな用途ならと、ソニーのTX30という防水薄型カメラも
候補に挙がったのですが、発売から2年以上経っており後継機もありません。


2015050306.jpg
「KOGEN」製グリップ装着

ご存知の通り、このカメラは1インチセンサーと明るいズームレンズを搭載します。
人気のソニーRX100シリーズを研究し尽くしたと言われるだけあって、
スペック的にもコストパフォーマンス的にも抜かりありません。
RX100M3に比べると、テレ端が100mm(RX100M3は70mm)相当まで広く、
逆にEVFを内蔵しない、価格的には実売で3万円ほど差額があります。
さすがにコンデジに9万円もだせないので、キヤノンに決まりました。

PowerShot S120と比べると、ボディの幅と高さはわずかな差ですが、
厚さが1cm以上増え、重さも87g増えています(電池・メディア込み)。
最初に手にした時の印象も「ずっしり」感が強く、常用のケースに
出し入れする際には出っ張ったレンズ部が引っかかります。
それでもギリギリポケットサイズでもあるし、とりあえず試用しました。


2015050301.jpg
2015/5/2 11:02 Canon PowerShot G7 X
24mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/60秒 +1.0EV) WB:AUTO ISO:160 城北公園

この時はオリンパスのSTYLUS1と併用しましたが、EVFの有無は大きいです。
私のような遠視(老眼?)の場合、モニターを良く見ようと顔に近づけると
眼のピントが合わないので、いちいちメガネを外す必要があります。
眼から30cm以上離せば見えますが、今度は微妙なピントや構図がわかりません。


2015050302.jpg
2015/4/27 13:56 Canon PowerShot G7 X
86mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/600秒 +1.0EV) WB:AUTO ISO:125 城北公園

数々のレビューで承知していましたが、やはり寄れません。
広角端では5cmまで近づけますが、望遠側では40cmまでしか寄れません。
しかもマクロモードにすると、50cm以上の距離で合焦しないという
もどかしい仕様のためマクロ撮影には難儀します。


2015050303.jpg
2015/5/2 12:43 Canon PowerShot G7 X
40mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/640秒 +0.0EV) WB:AUTO ISO:125 青葉公園

起動が早い、合焦も早くかなり正確です。
いわゆるスナップ撮影にはモニターの見難さ以外はストレスフリーです。
ちなみに横位置でならモニターは180度までチルトします。
しかし歩きながらの撮影にはもう少し軽さが欲しかった。


2015050304.jpg
2015/5/2 11:28 Canon PowerShot G7 X
30mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/80秒 -1.3EV) WB:AUTO ISO:125 静岡浅間神社

センサーが大きいだけあって、ボケを活かすこともできます。
ピントの合った部分は2000万画素のキリリとしたシャープネス、
背景は嫌味のない程度に暈かすことが簡単にできます。
面積比で1/1.7インチの約2.7倍、マイクロフォーサーズの約半分、
頃合いのいいサイズで、今後コンデジの主流となるのでしょうか。


2015050305.jpg
2015/5/2 11:42 Canon PowerShot G7 X
85mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/200秒 -0.3EV) WB:AUTO ISO:1000 静岡浅間神社

ダイナミックレンジも小さなセンサーとミラーレス機の中間程度の印象。
HDR機能や暗部補正なども備えるので、ある程度は明暗の差は気になりません。
あとは今回試していない高感度や長秒時のノイズ耐性といったところ。
もっともNikon1の傾向を見ても、実用域はせいぜいISO1600止まりでしょう。

レンズの解像感は、開放では四隅に乱れが見られるものの、
F4~5.6で解像感が最高に達し、F11で目に見えてディテールが損なわれます。
もともと明るいレンズなので昼間の明るい場所では1/2000秒までしかない
シャッター速度で上限に達し、内蔵NDフィルターの併用を迫られます。

露出補正の専用ダイヤルがあるのは感心しますが、操作が大変固く
レンズ周囲のコントロールリングも同様でSTYLUS1に大きく劣ります。
今回バッテリー切れは起こしませんでしたが、ネット上でのユーザーの
レビューでは電池の持ちが良くないというレポートが目立ちます。
コンパクトなボディに大きなレンズユニットを内蔵したために
バッテリーが小さくなってしまったのではと推測します。


全体としては、大変良くできた高画質なコンデジです。
用途次第ではいい写真が撮れる感触は得られました。
ただしもっと使い込んで慣れることが必要なようです。

また、今回比較のために一緒に持ち出してみたSTYLUS1には、
あらためて使い心地や画質の佳さに感心しました。
オリンパスらしくレンズがいいのでしょう、よほど強拡大しない限り
2.68倍ものセンサーを持つG7 Xと見分けがつかないほどです。
しかし1/1.7インチ機が激減していることから、後継機が心配です。


【フォトマスター検定 1級:デジタルカメラ分野問題】より 第21問
 ※問題19&20は長いので次回以降にて。

次の文章を読んで、(  )に入る正しい言葉を(1)~(3)の中から選べ。
「デジタル画像のデータ形式は、RAWデータ形式とJPEG(Exif)データ形式以外に、
BMPデータ形式、TIFFデータ形式、PICTデータ形式などがある。この中で、
最新のバージョンでは、チャンネル当たり8ビットあるいは16ビットでの保存、
保存時に可逆圧縮あるいは非可逆圧縮も可能なのは、(  )である。」

(1) BMPデータ形式
(2) TIFFデータ形式
(3) PICTデータ形式

[edit]

蒼いみどり 

5月4日は「みどりの日」
昭和天皇の誕生日4月29日を天皇誕生日としていたが、
崩御に伴い12月23日に移動、で「昭和の日」を作りたがっていた
特定の人々は4月29日を「昭和記念日」化で画策。
しかしなかなか叶わず一旦「みどりの日」として祝日にしました。

その後度重なる法案提出&廃案の後法案通過で4月29日の「昭和の日」制定。
一旦作った祝日なので、憲法記念日と子供の日の間の平日である
5月4日を「みどりの日」にしちゃおうというわけ。
ゴールデンウィークが途切れないし休みが増えるのだからいいじゃん的な
「国民の意思」を汲んでの「お国の心遣い」の裏で
しっかりと昭和の幻影を遺す辺りはさすがですな。


2014050701.jpg
2014/5/4 9:33 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
68mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/50秒 +1.7EV) WB:4200K ISO:1600 FantasicFocus 城北公園


2014050702.jpg
2014/5/4 9:50 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 -2.0EV) WB:5000K ISO:1600 ToyPhotoII 静岡浅間神社


2014050703.jpg
2014/5/4 10:50 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 -1.3EV) WB:5000K ISO:250 Natural 駿府城公園


2014050704.jpg
2014/5/4 10:27 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
150mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/640秒 -2.0EV) WB:5000K ISO:200 Natural 駿府城公園


2014050705.jpg
2014/5/4 10:57 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/320秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:500 ToyPhotoII 駿府城公園

昭和がどんな時代だったのかは知る由も無く、暖かで長閑な休日。

この日の目的のひとつが静岡市美術館へ行くこと。
同館では「巨匠の眼 川端康成と東山魁夷」展覧会が開催中です(6/1まで)
特に造詣があるわけではないのですが、いい機会なので魁夷の作品に
触れてみたいと言う好奇心で足を運びました。

2014050706.jpg

川端康成は古美術などの収集に熱心なことで知られています。
紀元前の像や中国の絵画などその旧いものに昔の人の心を探ります。
そんな折、東山魁夷が本の装丁や挿絵を手がけてから二人の交流が始まります。
ノーベル賞を祝って贈られた「北山初雪」など美しい日本の風景に感嘆します。

会場には200点を超える展示に丁寧な解説や音声ガイド機の貸し出しも。
川端が実際に使ったもので再現した書斎や、様々な作家や画家らとの書簡など
時代や視点を変えながらの豊富な展示に圧倒されます。
1フロアの展示にもかかわらず、じっくり回っていたら3時間も過ごしていました。

とりわけ魁夷の風景作品はいずれも息を呑む美しさです。
山や木々の「みどり」は純粋なグリーンと言うよりも
蒼い深みを帯び、色温度を下げた画像のような清涼感さえ感じます。
展示の中にあった「朝雲-吉野-」は、洋画のダイナミックさと
日本画の美しい濃淡や緻密な描写を持つ作品で、最も眼を惹きました。

同じような写真が撮れたらと思うのですが、なかなかそうはいかないでしょう。
ロケーション、コンディション、時間帯、何より美しい作品として
残せる風景を見極める眼は、日頃自然に向き合っていて初めて備わるもの。

「絵になる場所を探すという気持ちを棄てて、ただ無心に眺めていると、
相手の自然のほうから、私を描いてくれと囁きかけているかのように
感じる風景に出会う」(東山魁夷)

こんな境地に臨んでみたいものです...

[edit]

春の雪 

藤は一旦お休みです。

櫻が散って一息つく頃、春なのに雪景色が見られます。


2014050601.jpg
2014/5/4 8:33 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
200mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/640秒 -0.7EV) WB:4500K ISO:200 Natural

と言っても本当に雪が積もるわけではなく、遠目に見ると
まるで雪が積もったように新緑の木を真っ白に染めて見えます。

「ヒトツバタゴ」という木で、学名の由来も「雪の木」らしい。
真っ白なフワフワとした花が大量に咲いてはすぐに散ってしまいます。
この木が「なんじゃもんじゃ」と呼ばれる由来はあまりにも
有名なので検索してみてね。


2014050602.jpg
2014/5/4 8:53 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
200mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/800秒 -0.3EV) WB:4500K ISO:200 ToyPhotoII

櫻が散ると一気に新緑が支配します。
その新緑を掻き分けてほんの数日だけ細い花びらを咲かせます。
恐らくこの2~3日後には「なんじゃもんじゃ吹雪」状態でしょう。


2014050603.jpg
2014/5/4 8:53 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 -0.3EV) WB:4200K ISO:200 Natural

プロペラのような4本の花びらを目一杯開き、暖かなそよ風に揺れるのがとても可愛らしい。
香りがないのが残念ですが、これでも木犀の仲間だそうです。
金木犀は姿が見えなくても香りで存在が分かるほどなので
ヒトツバタゴにも香りがあるといいですね。


2014050604.jpg
2014/5/4 9:23 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
200mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/1000秒 +0.0EV) WB:3800K ISO:200 Natural

愛知・岐阜周辺や何故か長崎などで多くのヒトツバタゴが自生していて
ここ静岡市の城北公園にも80数本ほど植えられ、GWの頃に見頃になります。
この他、駿府城公園(すんぷ公園じゃないんだね)や最近では
新東名高速道路の静岡上りSAにも植樹されて増えつつあります。


2014050605.jpg
2014/5/4 9:02 OLYMPUS E-M5 + M.ZUIKO 14-150mm F4-5.6
300mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 -0.7EV) WB:4000K ISO:320 Natural

ちょっと汗ばむほどの暖かい陽射しと春風に誘われて、
自前のチャリで市街へ行く途中で立ち寄ってみました。
なんじゃもんじゃの木の下では朝から宴が始まっています。
これを楽しみに遠方から来る人もいて、ちょっとした花見ポイントに。


この後市街で買い物、そして美術館へ寄った辺りで電池切れ orz
クルマへ戻るまでの向かい風にヨタヨタしながらの一日でした。
続きは次回、藤は後回しね。

[edit]