かっぱのあしあと

オーライ危険罪 

漠然と欲しいものはある。
だけど買ったところでどれほど使えるのかわからない。
望遠レンズが使える赤道儀が欲しいけど、
年間で何回使える時間が確保できるだろうかと。

プロは写真を撮って(あるいは教えてとかで)お金が稼げるけど
アマチュアは金が出て行く一方だから、どうしても
コストパフォーマンスを考えてしまうわけで。

でも、逆に「道楽」なんだから買って使わなくても
それはそれでアリなんだっていう考え方もある。
買うんじゃなかったと思うか、使いもしないものに
無駄な金を使ってしまったと思うか。
そんなことを考えているうちにずっと何も買えずにいる。
これって結果オーライなんだろうかと。


2016030701.jpg
2016/3/7 10:16 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:320 Natural 十輪寺


2016030702.jpg
2016/3/7 10:39 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 ToyPhoto 十輪寺


2016030703.jpg
2016/3/7 10:37 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
170mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/200秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:250 ToyPhoto 十輪寺


2016030704.jpg
2016/3/7 10:23 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.0EV) WB:4000K ISO:320 FantasicFocus 十輪寺


2016030705.jpg
2016/3/7 9:59 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/125秒 +1.3EV) WB:4000K ISO:200 Vintage 十輪寺


今年は何もかもが早い。
「もくれん寺」に下見のつもりだったのに、
雨の中でも撮らずにいられなかった。
今週末の祭りの頃にどれほど残っているだろうかと。

[edit]

ヨーイドン 

今日静岡地方気象台が染井吉野の開花を宣言しました。
平年より3日、昨年より2日早いとのこと。
やはり今年は櫻前線が早くやってきます。
昨年は3月31日に満開になりましたから、この分ですと
今年は28日頃に満開になってしまうのかも。

しかし休みは明日と、その次は29~30日までありません。
その間に満開になられてはどうしようもないわけです。
明日から数日間は寒気で寒くなるらしいのですが、
それでも4月まで待たずに葉が出始めてしまいそうです。

在原業平の時代から、櫻に熱狂する人々がいたわけですから、
今更悟りの境地になどなれるわけもなく、咲いて散るのを
ただ何もできずに見送るだけなんでしょうね。


2015032201.jpg
2015/3/15 10:03 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
100mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2500秒 +1.0EV) WB:5800 ISO:200 Natural


2015032202.jpg
2015/3/15 9:13 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +1.0EV) WB:5800 ISO:200 ToyPhotoII ヒナカマキリ?


2015032203.jpg
2015/3/15 9:36 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 +1.0EV) WB:4500 ISO:200 ToyPhoto


2015032204.jpg
2015/3/15 8:58 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 -1.7EV) WB:4500 ISO:200 ToyPhotoII 木蓮観音


2015032205.jpg
2015/3/15 9:10 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 -0.3EV) WB:5000 ISO:200 Natural


やはり花見をするなら暖かい陽気になってからがいい。
今はまだ、夜桜ともなると凍死するかと思うほど寒いんだよね。
かつて会社で夜桜を見に行ったけど、あちこちのグループへ
顔を出しに回るうちに、しこたま呑んでいたんでしょうね。
気がつくと照明も消えた誰もいない河原で一升瓶を抱えたまま寝ていました^^;


【フォトマスター検定 準1級:共通問題】より 第42問

次の文章を読んで、(  )に入る正しい言葉の組み合わせを(1)~(3)の中から選べ。
「写真の言葉として使われる『クローズアップ』とは、( ア )のことで、
たとえばモデル撮影などにおいて、( イ )ようなことである。」

(1) ア:被写体の一部を大きく写しこむ、
    イ:モデルの全身を撮影するのではなく、目の部分だけを撮影する
(2) ア:被写体に近寄って撮影する、 イ:モデルとわからないように撮影する
(3) ア:絞りを絞って撮影する、 イ:ピントをモデルの全身に合ったように撮影する


[edit]

櫻特急 

昨年は、初春の寒さや2月の大雪のために梅の開花が遅れ、
このまま櫻も遅れるかと思いきや、その後の温暖で一気に櫻前線が北上、
当初の予想よりも早めに開花・満開を迎えてしまいました。
そのため、入学式が行われる4月には葉桜どころか櫻吹雪。
それでも少ない休みに精力的に動いて沢山櫻を楽しめました。

さて今年はというと、今のところ各気象関係情報では
昨年にも増して開花や満開が早まりそうです。
静岡での昨年の開花は3月24日、満開は3月31日でした。
(平年日は開花が3月25日で満開は4月3日)
今年の予想は、以下の通りです。

ウェザーマップ  開花:3月21日  満開:3月29日
日本気象協会  開花:3月22日  満開:4月1日
日本気象(株)  開花:3月20日  満開:3月30日
ウェザーニュース  開花:3月20日  満開:未発表

このように、なんと今週末を待たずに開花宣言が出そうです。
そして来週末には満開になってしまいます。
しかしこの時期は、サラリーマンにとって最悪のタイミング。
「繁忙」「決算」「鼻炎」の「HKB48」総選挙なわけ(どんなわけ)。


2015031801.jpg
2015/3/15 10:00 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2500秒 -1.0EV) WB:5000 ISO:200 ToyPhotoII 十輪寺


2015031802.jpg
2015/3/15 10:58 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 +0.0EV) WB:4000 ISO:200 Vintage 十輪寺


2015031803.jpg
2015/3/15 9:28 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
180mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2500秒 -0.3EV) WB:5300 ISO:200 Vintage 十輪寺


2015031804.jpg
2015/3/15 18:58 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
70mm相当 マニュアル露出(f/6.3 1秒) WB:2800 ISO:200 Natural 十輪寺


2015031805.jpg
2015/3/15 19:47 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
250mm相当 マニュアル露出(f/2.8 1/4秒) WB:3000 ISO:200 Natural 十輪寺


だから昨年よりさらに前倒しで予定を立てなくちゃなのです。
でも取れそうな休みは限られるし、棚卸しの準備で29日もどうなるか分かりません。
櫻の見頃はほんの数日、せめて一週間ぐらいもってくれればね。
しかも櫻だけじゃなくカタクリなどの見頃もあるし、4月4日は皆既月食です。
ゴールデンウィークを一ヶ月前倒しになりませんかね。。。


【フォトマスター検定 準1級:共通問題】より 第39問・第40問
別紙図版(6)の図Tを見ながら、次の文章を読んで解答すること。

「【図T】は、( ア )などといわれるもので、代表的な色の色相を表している。
この図の中で、Red(レッド)とCyan(シアン)あるいはYellow(イエロー)と
Blue(ブルー)のような関係を( イ )という。この( イ )の中で、
Red(レッド)とCyan(シアン)を混ぜると( ウ )になる。」

問題39 ( ア )に入る正しい言葉を(1)~(3)の中から選べ。

(1) 色輪 (色相輪)
(2) 色環 (色相環)
(3) 色円 (色相円)

問題40 ( イ )と( ウ )に入る正しい言葉の組み合わせを(1)~(3)の中から選べ。

(1) イ:補色  ウ:黒
(2) イ:補色  ウ:黄緑
(3) イ:清色  ウ:白




[edit]

鏡「持ち」は腐る 

香港系動画(DigitalRev TV)で、デジタル一眼レフは不要だとの投稿が話題に。
今やソニーのα7のようなフルサイズミラーレスがある以上、
重く大きなデジイチは必要ないだろうということらしいです。
ミラーレスは、しばらくデジイチより格下の扱いでしたが、ソニーや富士フィルム、
オリンパスから本格的なミラーレスが登場して形勢が一変しました。

最近のデータでも、デジイチの苦戦に対してミラーレスが健闘しています。
海外でもEVFを備え、画質のいい、そして動画も撮れるミラーレスの
評価が次第に高まり販売も好調に推移しています。
デジイチは必要でなくなるのか、将来的には「過去の遺物」になるのか。

ミラーレスがデジイチに劣っていたのは、まずAFとファインダーでした。
コントラストAFオンリーで、視認性の悪い初期のEVFは確かに我慢が必要です。
しかし今日では画素数が増えタイムラグの短縮されたEVFが搭載されます。
また位相差AF画素を組み込んだセンサーでかなりAFも改善しました。
原理的には、センサーの表面でAFする方が精度も高いわけです。

こうしてオリンパスはEシリーズとOM-Dを統合しました。
ソニーもEマウントに注力し、Aマウントは置き去りです。
ニコンやキヤノンはデジイチが主力なので、今後の動向が気になります。

最近ではオリンパスのOM-Dを使う機会が増えました。
何よりも軽くコンパクト、簡単にEVFで拡大できるのでAFの補正もしやすい、
E-M1はVer3.0ファームで高速連写&C-AFを実現しました。
タッチパネルのバリアングルモニターや新機能は欲しかったものばかり。
解像度が高く、寄れるレンズのおかげで
センサーが小さいからボケや画質が不利だとはいえません。

なかなか「コレだ」という機種が現れないニコンに見切りをつけようかとも考えています。


2015031601.jpg
2015/3/15 9:02 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
146mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2000秒 -1.0EV) WB:5600 ISO:200 Natural 十輪寺

「もくれん寺」とも呼ばれる小さな古刹。
梅と櫻の狭間に咲く大輪は芳香も素敵です。


2015031602.jpg
2015/3/15 9:15 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
284mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +1.0EV) WB:5000 ISO:200 Natural 十輪寺

白い「白木蓮」と赤い「紫木蓮(シモクレン)」は種類が異なるらしいです。
また白木蓮は花びらが開ききる前に散り始めますが、
辛夷(コブシ)は花びらが大きく開いてシベがよく観察できます。


2015031603.jpg
2015/3/15 9:54 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +1.7EV) WB:4500 ISO:200 Vintage 十輪寺

雌しべはらせん状に細いトゲが絡まっていて、次第にほどけます。
花びらに包まれていて、なかなかこうして上から中を覗けません。


2015031604.jpg
2015/3/15 10:38 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
260mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 +0.3EV) WB:4500 ISO:200 Vintage 十輪寺

蕾の頃から、陽の当たる南側の成長が早く北に向かって反り返ります。
そのため北を教える「磁石花」などとも呼ばれるそうです。


2015031605.jpg
2015/3/15 19:06 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
62mm相当 マニュアル露出(f/7.1 2.5秒) WB:2800 ISO:200 Natural 十輪寺

夜間はライトアップされて、漆黒の闇に花々が浮かび上がります。


また、フルサイズへの拘りも将来どうなるのでしょう。
日本のアマカメさんらがフルサイズに「やたら」と拘るのは、
大口径レンズを使ってのボケの演出を求めるところにあるようです。
ただ、海外ではそれほどボケは求められていません。
「Bokeh」は日本発祥のテクニックで、海外の写真はそれほど
意図的に暈かして主題を強調する演出は多くないと言われます。

海外のアマカメさんらがフルサイズを支持するのは、暗部への対応です。
暗い場所でもノイズが少なくキレイに撮れるため
撮影シーンを選ばず好きな場所で好きな対象を撮影できます。

デジタルカメラの市場は、8割が海外です。
海外のユーザーの望むようなカメラに一層変革を求められるでしょう。
日本人が好むボケ優先のレンズやカメラよりも、動画撮影や
ネットなどへのコネクティビリティの方が優先されるかもしれません。

私の関わる自動車業界もかなり前からその傾向があり、
日本国内ではハイブリッドカーと軽自動車というガラパゴス化が進んでいます。
他の種類のクルマを選びたくても、海外仕様の使いにくいサイズばかり。
デジカメも次第にそうなっていくのでしょうかね。



【フォトマスター検定 準1級:共通問題】より 第38問
別紙図版(5)の写真Q、R、Sを見て解答すること。

次の文章を読んで、正しい記述を(1)~(3)の中から選べ。
「【写真Q】、【写真R】、【写真S】は、同じカメラ位置から同じ被写体を撮影したもの
であるが、それぞれどのように撮影したものであるか、最も適切なものを
次の中から選べ。」※ただし、ストロボは、スピードライト、フラッシュなどともいいます。

(1)【写真Q】は、定常光で撮影し、【写真R】は、被写体に対してストロボ光を
   正面から当てて撮影したもの。そして、【写真S】は、ストロボを
   被写体の後ろに配置して撮影したものである。

(2)【写真Q】は、被写体に対してバウンスしたストロボ光を当てて撮影したもの、
   【写真R】は、被写体に対してストロボ光を正面から正面から当てて撮影したもの。
   そして、【写真S】は、定常光で撮影したものである。

(3)【写真Q】は、被写体に対してストロボ光を正面から正面から当てて撮影し、
   【写真R】は、定常光で撮影したもの。そして、【写真S】は、ストロボと
   被写体の間にデュフーザーを配置して撮影したものである。

※ストロボ問題続きますなぁ



[edit]

磁石な花 

旧岡部町(現藤枝市)にある「十輪寺」には、
参拝客に楽しんでもらおうと木蓮の木が沢山植えられています。
最も古いもので樹齢50年ほどですが、その枝ぶりは見事です。
梅と櫻の時期の間に咲く貴重な彩りですね。

2014031701.jpg
2014/3/16 10:19 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
400mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/1250秒 -2.0EV) WB:5300 ISO:200 ToyPhotoII

産毛に包まれた細長い蕾が次々と割れて白い花びらが出てきます。
この日は満開にまだ早く、こうした蕾が沢山見られました。
暖かそうなコートを脱いで春を謳歌するかのようですね。


2014031702.jpg
2014/3/16 10:18 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
400mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/1600秒 -1.3EV) WB:4500 ISO:200 ToyPhotoII

本殿の前には比較的若い木が数え切れない数の花を咲かせています。
陽射しを受けて輝く白い花は眩しささえ感じさせます。
香りは強くはなく、花に鼻を付けて初めて分かる程度です。


2014031703.jpg
2014/3/16 10:07 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
72mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/3200秒 +0.0EV) WB:5300 ISO:200 Natural

辛夷(コブシ)に似ていますが、コブシは花が開ききるのに対し
木蓮は花びらが全開まで開かず、このまま花びらが散ります。
また花自体は大きく、木もかなりの高さまで生長します。


2014031704.jpg
2014/3/16 9:14 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
134mm相当 絞り優先AE(f/3.0 1/800秒 -1.0EV) WB:4500 ISO:200 Giorama

木蓮の花は、反り返ったような形をしています。
陽射しを受ける南側の花びらの方が大きく伸びるため、
花の先は逆に北の方角を指すように反り返るんですね。
そのため「磁石花」などとも呼ばれるそうです。


2014031705.jpg
2014/3/16 9:26 OLYMPUS E-M1 + ZUIKO 50-200mm F2.8-3.5 SWD
400mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/4000秒 -1.0EV) WB:5000 ISO:200 LightTone

白い花が咲き誇る根元のベンチには、「V」字型をした蕾の殻が落ちています。
一枚目の写真で花がまとっている産毛のコートですね。
この日は気温が18度まで上がり暖かい日和になったので一気に脱ぎ捨てたのでしょう。

白木蓮は花の見頃が非常に短いので、一週間経つともう散っているかも。
ここ数日来の冷え込みからか一部の花で変色も見られました。
ただ紫木蓮はまだ未開花だったので2~3日後が一番よさそうでした。

境内の向い側にある小高い丘にも沢山咲いていますが、
その頂上からは見晴らしのいい景色も楽しめます。
地元の産品などを売っていたり、境内では尺八の演奏も。
この小さなお寺にだけは春一番に先立って春が訪れていました。

[edit]