かっぱのあしあと

上を向いて歩こう 




今日は春分の日。
昼間と夜の時間がほぼ等しくなる(若干昼が長いけど)。
すっかり春めいた日かと思いきや、関東などで降雪。
祝日だったけどどんな一日だったでしょうか。
明日からはまた春の陽気が戻ってくるとか。
いよいよ今週末から一気に桜日和。
ここが最初で最後のチャンスかも。



十輪寺
2018/3/18 10:38 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/500秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2018/3/18 9:15 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 +0.3EV) WB:5300K ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2018/3/18 11:15 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/800秒 +0.3EV) WB:4500K ISO:200 Vintage 十輪寺



十輪寺
2018/3/18 10:28 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:320 ToyPhoto 十輪寺



十輪寺
2018/3/18 11:52 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
68mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +2.0EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 十輪寺



CP+の影響もあって、このところ新しいカメラやレンズの
ニュースを見ますが、OM-D一本の私はこのところずっと
新しいレンズなどの購入の機会がありません。
現有の機材でとりあえずまかなえているのと、
購入欲を呼び起こすような新商品を見つけられていないようです。



スポンサーサイト

[edit]

スローな春にしてくれ 




今日静岡にも桜(染井吉野)の開花宣言が出ました。
平年より7日早く、昨年より15日も早い開花です。
このところの暖かさで、一気に春が迫ってきました。
例年なら一週間ほどで満開になるとか。
と言うことは来週末には満開、そして散り始めると。
2月までの寒さから一転、前倒しになった桜を
思う存分撮り尽くす暇など無く、決算月は連日の深夜帰宅。

紅葉と違って一気に咲いて一気に散ってしまう染井吉野。
一説にはクローンだから同じように変化するんだよとも。
これは秋の彼岸花でも同様で、何とかもう少し長い期間
楽しめるように品種改良とか出来ないものなんでしょうかね。



十輪寺
2018/3/18 11:44 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
150mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/400秒 +0.7EV) WB:5300K ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2018/3/18 10:29 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
190mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2018/3/18 9:51 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
250mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2018/3/18 12:00 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +1.0EV) WB:5300K ISO:200 深度合成 十輪寺



十輪寺
2018/3/18 9:00 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
46mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/400秒 -0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 十輪寺



てかさ、なんで「決算」ってあんのさ。
しかもなんで決算月だからって忙しいのさ。
決算月になったからって慌てて業績上げようったって、
普段からそうしないで決算月になってから慌てても無駄じゃん。
とか言ったところで何にもならない。
桜の開花が気になるのと花粉が飛ぶのと
決算期を一緒にしないでほしいよね、せめて。
GWを一ヶ月前倒しにして欲しい今日この頃。



[edit]

色のない色 



記念日という括りで言うと、3月19日は「写真発明の日」
1839年にフランスのダゲールが現在の写真に相当する
銀板写真と呼ばれる技法を作り出したとされています。
でもこの日に「発明した」という記録は無く、実際には
8月19日にフランス科学アカデミーで発表されたのですが、
後に記録の「8」を「3」に読み間違えたとする説が有力です。

その後1935年にコダックがカラーフィルムを発売するまで
およそ100年間のモノクロ写真の歴史がありました。
今でも新聞や週刊誌などでもモノクロ写真が使われています。
また映画やテレビの世界でも、長らくモノクロの時代を経てから
カラー映像の時代にシフトしてきた歴史があります。

そのためか、本来人間の眼はモノクロに見えるわけでもないのに、
モノクロの写真や映像に対してあまり違和感を感じません。
それどころか、モノクロ写真を特別視したり、より芸術性の
高い分野として尊ぶ風潮も依然として見られます。

しかし画像がモノクロであることは色の情報を無くしたものであり、
モノクロ写真から見る人が正確な情景や被写体の色彩を
想像で再現することは事実上不可能です。
でも小説を読んで情景を想像するかのようなその自由な発想に
価値を見出す人もいるでしょうし、ひとつの表現方法としては
十分ありうるものであると思います。

ただ、一部の写真家やアマカメさんらの中にある「モノクロを
異常に持ち上げる風潮」には正直なところ違和感を強く感じます。
とはいえ個人の趣味嗜好だから何をやるのか、何を良しとするかは
勿論自由なのですが、どうしても私個人には受け入れがたいものがあります。



十輪寺
2017/3/14 12:04 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
220mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 -0.7EV) WB:5600K ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2017/3/14 13:36 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.7EV) WB:4000K ISO:200 Vintage 十輪寺



十輪寺
2017/3/14 12:28 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.0EV) WB:4200K ISO:200 Vintage 十輪寺



十輪寺
2017/3/12 11:10 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +0.3EV) WB:5600K ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2017/3/14 12:11 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/500秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 十輪寺



もっとも、色や画像そのものまで手軽にいくらでも加工、修正、
時には創作できてしまう現在では、色の無いモノクロの世界は
かえって新鮮に思えたり、その限定された条件の中に
感性やテクニックを刻むことに価値を求めることは意義があるのでしょう。

ちなみに私は今までにデジタルカメラでモノクロ写真を撮ったこともないし、
このブログに掲載する写真には、これまで一枚もモノクロはありません。
たとえ彩度を落としたり、被写体そのものが白黒であっても、
それ(白や黒)自体が色だと受け止めます。
だから光の強弱や諧調で描くんだという(一部の)モノクロ作品の
主張には納得はするものの、その分野に立ち入ってみたいという
興味自体が起こっていないわけです。


ただし、モノクロ写真をやらない理由のひとつには、100年余りの
長く積み重ねられた歴史と無数の作品、それらが放つ強く重い
「何か」に触れることに対する畏怖の念があることも事実です。
生半可な気持ちとスキルで踏み込むことは、あまりにも
深く大きな大洋に飛び込むような覚悟が必要だと感じます。

カラーで撮った画像をモノクロ加工したら結果オーライでした、
ということは本来ありえないことで、モノクロ写真を撮るというのは
最初からモノクロフィルムをカメラに仕込んで撮影すること。
ファインダーにはカラーで見えているけど、撮影した画像は
モノクロで残すのだからちょっとした想像力では敵わない世界です。
デジタルカメラのEVFならモノクロでファインダーに投影されるけど、
その状態でモノクロ写真を楽しむことってどうなんでしょうね。


[edit]

特別な白 




十輪寺
2017/3/12 10:46 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
32mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/1000秒 -1.0EV) WB:5300 ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2017/3/12 9:02 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.3EV) WB:3800 ISO:200 Vintage 十輪寺



十輪寺
2017/3/14 12:14 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 -0.3EV) WB:5600 ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2017/3/12 9:26 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.3EV) WB:5300 ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2017/3/14 13:01 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/7.1 1/100秒 +0.3EV) WB:5300 ISO:500 Natural (深度合成) 十輪寺



モクレンというとこの白い花を見かけますが、
本来モクレンは紫色をした紫木蓮(しもくれん)。
この白いのは特に白木蓮(はくもくれん)と呼ばれます。
梅と桜の間に咲く、見栄えのするいい香りの花です。






[edit]

見せたら出せ 

先月のCP+でワールドプレミアされた数々の新製品。
なのに今までに発売されたのはPEN-F程度。
ほとんどの新製品は3月下旬以降とか、
ニコンのDLシリーズなんかは6月って。
発表日と発売日はいっしょにしようよ。
だから予約ばかりが殺到して「予約数を確保できません」
なんて発売を延期したりと不細工なことするんだから。

クルマは基本的に発表と発売はいっしょで、
だから「発売日に必ず届きます」的な約束はありません。
注文順に届くから順番に待っててねで済みます。
(ただし一部の車種では『先行予約』が常態化しています)

この発表から発売まで数週間~数ヶ月もの時間を置くのは
どんなメリットあるいは目的があるんでしょうね。
先に発表だけしておいて他社にニーズを取られたくないから?
でも注文ではない単なる予約ならいくらでもキャンセルできるし。
たとえCP+でハンズオンしても、実際に入手できるまでが長いと
忘れてしまいそうですよね。

この春の新製品、何か買いますか。


2016031301.jpg
2016/3/8 14:51 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +1.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 十輪寺


2016031302.jpg
2016/3/8 14:03 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
270mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 +0.7EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 十輪寺


2016031303.jpg
2016/3/8 15:00 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:200 FantasicFocus 十輪寺


2016031304.jpg
2016/3/8 15:12 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.3EV) WB:6000K ISO:200 Natural 十輪寺


2016031305.jpg
2016/3/8 14:32 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
38mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/640秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 十輪寺


よく「お散歩カメラ」といいますよね。
お散歩カメラに何を求めるでしょうか。
中にはD810に24-70mm F2.8を付けてお散歩カメラと言う人もいるし、
GRデジタルだったり、いずれにしろスマホ + αなモノが欲しいもの。

いわゆるスナップショットというのは元来ガンマンの「早撃ち」に
由来するものなので、レスポンス・操作性が大事で、
センサーのサイズとか発色がどうとかいうのは二の次のはず。
とはいえ数千円のコンデジでは何か満たされないのでしょうね。

またスナップカメラとは別に、「万能カメラ」という欲求もあります。
一般のスナップだけではない、もっと幅広い対象を想定すると
カメラに求められる機能が比例して大きくならざるを得ません。
広角だけでなく望遠も欲しい、でもボケを活かしたいので
極小センサーの数十倍ズームではない、でもお散歩に
持ち歩くならあまり大きいのも面倒だったりして。

今コンデジは1インチが標準化しつつありますが、
1インチに広角高画質レンズを組み合わせたり
高倍率ズームレンズを組み合わせるとかなり大柄になるのは
ニコンのDLシリーズを見れば一目瞭然なんですよね。
一眼レフが大きいと感じるようになると、コンデジにも
より小ささを求めてしまうのですよ。




[edit]