かっぱのあしあと

色のない色 



記念日という括りで言うと、3月19日は「写真発明の日」
1839年にフランスのダゲールが現在の写真に相当する
銀板写真と呼ばれる技法を作り出したとされています。
でもこの日に「発明した」という記録は無く、実際には
8月19日にフランス科学アカデミーで発表されたのですが、
後に記録の「8」を「3」に読み間違えたとする説が有力です。

その後1935年にコダックがカラーフィルムを発売するまで
およそ100年間のモノクロ写真の歴史がありました。
今でも新聞や週刊誌などでもモノクロ写真が使われています。
また映画やテレビの世界でも、長らくモノクロの時代を経てから
カラー映像の時代にシフトしてきた歴史があります。

そのためか、本来人間の眼はモノクロに見えるわけでもないのに、
モノクロの写真や映像に対してあまり違和感を感じません。
それどころか、モノクロ写真を特別視したり、より芸術性の
高い分野として尊ぶ風潮も依然として見られます。

しかし画像がモノクロであることは色の情報を無くしたものであり、
モノクロ写真から見る人が正確な情景や被写体の色彩を
想像で再現することは事実上不可能です。
でも小説を読んで情景を想像するかのようなその自由な発想に
価値を見出す人もいるでしょうし、ひとつの表現方法としては
十分ありうるものであると思います。

ただ、一部の写真家やアマカメさんらの中にある「モノクロを
異常に持ち上げる風潮」には正直なところ違和感を強く感じます。
とはいえ個人の趣味嗜好だから何をやるのか、何を良しとするかは
勿論自由なのですが、どうしても私個人には受け入れがたいものがあります。



十輪寺
2017/3/14 12:04 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
220mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 -0.7EV) WB:5600K ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2017/3/14 13:36 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.7EV) WB:4000K ISO:200 Vintage 十輪寺



十輪寺
2017/3/14 12:28 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.0EV) WB:4200K ISO:200 Vintage 十輪寺



十輪寺
2017/3/12 11:10 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +0.3EV) WB:5600K ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2017/3/14 12:11 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/500秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 十輪寺



もっとも、色や画像そのものまで手軽にいくらでも加工、修正、
時には創作できてしまう現在では、色の無いモノクロの世界は
かえって新鮮に思えたり、その限定された条件の中に
感性やテクニックを刻むことに価値を求めることは意義があるのでしょう。

ちなみに私は今までにデジタルカメラでモノクロ写真を撮ったこともないし、
このブログに掲載する写真には、これまで一枚もモノクロはありません。
たとえ彩度を落としたり、被写体そのものが白黒であっても、
それ(白や黒)自体が色だと受け止めます。
だから光の強弱や諧調で描くんだという(一部の)モノクロ作品の
主張には納得はするものの、その分野に立ち入ってみたいという
興味自体が起こっていないわけです。


ただし、モノクロ写真をやらない理由のひとつには、100年余りの
長く積み重ねられた歴史と無数の作品、それらが放つ強く重い
「何か」に触れることに対する畏怖の念があることも事実です。
生半可な気持ちとスキルで踏み込むことは、あまりにも
深く大きな大洋に飛び込むような覚悟が必要だと感じます。

カラーで撮った画像をモノクロ加工したら結果オーライでした、
ということは本来ありえないことで、モノクロ写真を撮るというのは
最初からモノクロフィルムをカメラに仕込んで撮影すること。
ファインダーにはカラーで見えているけど、撮影した画像は
モノクロで残すのだからちょっとした想像力では敵わない世界です。
デジタルカメラのEVFならモノクロでファインダーに投影されるけど、
その状態でモノクロ写真を楽しむことってどうなんでしょうね。


スポンサーサイト

[edit]

特別な白 




十輪寺
2017/3/12 10:46 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
32mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/1000秒 -1.0EV) WB:5300 ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2017/3/12 9:02 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.3EV) WB:3800 ISO:200 Vintage 十輪寺



十輪寺
2017/3/14 12:14 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 -0.3EV) WB:5600 ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2017/3/12 9:26 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/640秒 +0.3EV) WB:5300 ISO:200 Natural 十輪寺



十輪寺
2017/3/14 13:01 OLYMPUS E-M1 MarkII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/7.1 1/100秒 +0.3EV) WB:5300 ISO:500 Natural (深度合成) 十輪寺



モクレンというとこの白い花を見かけますが、
本来モクレンは紫色をした紫木蓮(しもくれん)。
この白いのは特に白木蓮(はくもくれん)と呼ばれます。
梅と桜の間に咲く、見栄えのするいい香りの花です。






[edit]

見せたら出せ 

先月のCP+でワールドプレミアされた数々の新製品。
なのに今までに発売されたのはPEN-F程度。
ほとんどの新製品は3月下旬以降とか、
ニコンのDLシリーズなんかは6月って。
発表日と発売日はいっしょにしようよ。
だから予約ばかりが殺到して「予約数を確保できません」
なんて発売を延期したりと不細工なことするんだから。

クルマは基本的に発表と発売はいっしょで、
だから「発売日に必ず届きます」的な約束はありません。
注文順に届くから順番に待っててねで済みます。
(ただし一部の車種では『先行予約』が常態化しています)

この発表から発売まで数週間~数ヶ月もの時間を置くのは
どんなメリットあるいは目的があるんでしょうね。
先に発表だけしておいて他社にニーズを取られたくないから?
でも注文ではない単なる予約ならいくらでもキャンセルできるし。
たとえCP+でハンズオンしても、実際に入手できるまでが長いと
忘れてしまいそうですよね。

この春の新製品、何か買いますか。


2016031301.jpg
2016/3/8 14:51 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +1.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 十輪寺


2016031302.jpg
2016/3/8 14:03 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
270mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 +0.7EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 十輪寺


2016031303.jpg
2016/3/8 15:00 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1000秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:200 FantasicFocus 十輪寺


2016031304.jpg
2016/3/8 15:12 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.3EV) WB:6000K ISO:200 Natural 十輪寺


2016031305.jpg
2016/3/8 14:32 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
38mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/640秒 +0.0EV) WB:5300K ISO:200 Natural 十輪寺


よく「お散歩カメラ」といいますよね。
お散歩カメラに何を求めるでしょうか。
中にはD810に24-70mm F2.8を付けてお散歩カメラと言う人もいるし、
GRデジタルだったり、いずれにしろスマホ + αなモノが欲しいもの。

いわゆるスナップショットというのは元来ガンマンの「早撃ち」に
由来するものなので、レスポンス・操作性が大事で、
センサーのサイズとか発色がどうとかいうのは二の次のはず。
とはいえ数千円のコンデジでは何か満たされないのでしょうね。

またスナップカメラとは別に、「万能カメラ」という欲求もあります。
一般のスナップだけではない、もっと幅広い対象を想定すると
カメラに求められる機能が比例して大きくならざるを得ません。
広角だけでなく望遠も欲しい、でもボケを活かしたいので
極小センサーの数十倍ズームではない、でもお散歩に
持ち歩くならあまり大きいのも面倒だったりして。

今コンデジは1インチが標準化しつつありますが、
1インチに広角高画質レンズを組み合わせたり
高倍率ズームレンズを組み合わせるとかなり大柄になるのは
ニコンのDLシリーズを見れば一目瞭然なんですよね。
一眼レフが大きいと感じるようになると、コンデジにも
より小ささを求めてしまうのですよ。




[edit]

この日の祈り 

「あの日」
今日報道番組で相次いだ言葉です。
はっきりと「地震が起きた日」と言わないのは何故なのか。
被災者にとっては思い出したくない日でもあるでしょう。
しかし忘れてはいけない日でもあります。

「復興」とは?
震災前の元通りの生活が取り戻せることか。
それともとりあえず最低限の暮らしが確保できることか。
政府や行政の多くは後者を考えているようです。

毎年天皇陛下が追悼式で述べられるお言葉は
国民へのメッセージでもあり、また多くの国民の気持ちを
そのまま代弁されている意味で大変心に響きます。

---------------------------------------------------

東日本大震災から5年が経ちました。ここに一同と共に、
震災によって亡くなった人々とその遺族に対し、深く哀悼の意を表します。

5年前の今日、東日本を襲った巨大地震とそれに伴う津波により、
2万人を超す死者、行方不明者が生じました。
仙台平野を黒い壁のような波が非常な速さで押し寄せてくる
テレビの映像は、決して忘れることができないものでした。
このような津波に対してどのような避難の道が確保できるのか
暗澹たる気持ちになったことが思い起こされます。
また、何人もの漁業者が、船を守るために沖に向け
出航していく雄々しい姿も深く心に残っています。

このような中で、自衛隊、警察、消防、海上保安庁を始めとする
国や地方自治体関係者、さらには、一般市民が、厳しい状況の中で自らの
危険や労をいとわず救助や捜索活動に携わったことに深い感謝の念を抱いています。

地震、津波に続き、原子力発電所の事故が発生し、放射能汚染のため、
多くの人々が避難生活を余儀なくされました。
事態の改善のために努力が続けられていますが、今なお、
自らの家に帰還できないでいる人々を思うと心が痛みます。

こうした苦難の中で、政府や全国の地方自治体と一緒になって、
多数のボランティアが被災者のために支援活動を行いました。
また、160を超える国・地域や多数の国際機関、また在日米軍が
多大な支援に当たってくれたことも忘れることはできません。

あれから5年、皆が協力して幾多の困難を乗り越え、
復興に向けて努力を続けてきました。
この結果、防災施設の整備、安全な居住地域の造成、
産業の再建など進展が見られました。
しかし、被災地で、また避難先で、
今日もなお多くの人が苦難の生活を続けています。
特に、年々高齢化していく被災者を始めとし、私どもの関心の届かぬ所で、
いまだ人知れず苦しんでいる人も多くいるのではないかと心に掛かります。

困難の中にいる人々一人ひとりが取り残されることなく、
一日も早く普通の生活を取り戻すことができるよう、
これからも国民が心を一つにして寄り添っていくことが大切と思います。

日本は美しい自然に恵まれていますが、
その自然は時に非常に危険な一面を見せることもあります。
この度の大震災の大きな犠牲の下で学んだ教訓をいかし、
国民皆が防災の心を培うとともに、それを次の世代に引き継ぎ、
より安全な国土が築かれていくことを衷心より希望しています。

今なお不自由な生活の中で、たゆみない努力を続けている人々に
思いを寄せ、被災地に一日も早く安らかな日々の戻ることを
一同と共に願い、御霊への追悼の言葉といたします。

--------------------------------------------------------


2016031101.jpg
2016/3/7 10:15 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 +0.0EV) WB:6000K ISO:200 Natural 十輪寺


2016031102.jpg
2016/3/7 10:05 OLYMPUS E-M5 MarkII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
270mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/800秒 +0.0EV) WB:4500K ISO:200 ToyPhoto 十輪寺


2016031103.jpg
2016/3/8 15:40 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
164mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +0.7EV) WB:5000K ISO:200 Natural 十輪寺


2016031104.jpg
2016/3/8 14:28 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/320秒 +1.3EV) WB:5000K ISO:200 Vintage 十輪寺


2016031105.jpg
2016/3/8 15:17 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
220mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/250秒 +0.3EV) WB:5800K ISO:640 ToyPhoto 十輪寺



静岡県を震源とする「東海地震」が言われてから40年ほど経ちます。
最近では太平洋岸全体を震源とする「南海トラフ巨大地震」が懸念されています。
30年以内に起こる確率は60~70%(地震調査委員会)ということは
ほぼ確実に起こるであろうと言えるわけです。

静岡県には御前崎市(旧浜岡町)に原発があります。
南海トラフ震源域に存在する唯一の原発
(愛媛県の伊方原発は震源域の端ではありますが)で、
東は茨城県まで西は愛媛県まで原発はありません。

浜岡原発は想定される19メートルの津波に備えて22メートルの防潮堤
(と言っても厚さ2メートルのペラペラ)を完成させ、再稼動を急いでいます。
本当に南海トラフ巨大地震が起こったらこんなヤワな防潮堤などムダです。
福島原発と同じような事故になるとは限りませんが、
原発としては恐らく使い物にならないほどの損害は確実でしょう。

東日本大震災では地震から津波が来るまで20~30分ほど
あったといわれていますが、静岡県直下を震源とする東海地震では
「揺れている最中に津波が来る」とまで言われるほど短時間です。
海岸沿いには次々と避難タワーが作られてはいるものの、
恐らく避難する間もなく津波が襲ってくるでしょう。

遺族が話す映像を見ると、何が何でも生き残ることが大事だと痛感します。
しかし生き残ったとしても生活や仕事、住居など苦難が絶えません。
まだまだ「復興」には程遠い被災地に学ぶことは無数にあります。
毎年「この日」だけ思い出すのではなく、常に心を寄せて
次の震災での被害を出来る限り減らす努力こそが必要なのです。

[edit]

腐敗する人智 

先週辺りからニュース番組では「特集」と称して
これでもかと「東日本震災から5年」を採り上げています。
震災から「ちょうど5年」?、何か区切りでも付けたいのでしょうか。
どの局も被災地をキャスターが訪れては景色を映したり、
被災者のその後を追うという金太郎飴な内容ばかり。

5年経っても住んでいた場所に戻れない人もいます。
あるいは完全に移住した人や、それでもなお
故郷を捨てられず根気強く復興に力を注ぐ人も。
最も大きな被災は津波だったけど、5年経っても
一向に復興しないのは全て原発のせい。

今日は高浜原発の再起動にストップをかける仮処分が出ました。
震災からの復興も果たせないうちに、再稼動への動きばかりが激しい。
原発を抱える地元も、震災を忘れて補助金への依存を強める。
メディアも政府や電力会社の意向を「忖度」するばかり。

石炭や石油の火力発電は地球温暖化に逆行する。
だから太陽光や風力などの自然エネルギーの活用を進めるべき。
しかし政府は原発ムラ保持のために太陽光発電事業に足かせ。
地元には、廃炉せず再稼動しないと金が落ちないと無言の恫喝。
とにかく原発は選択肢から外すこと。
でもそれができない愚かな人間たち。
きっとまた悲劇は繰り返す。


2016030901.jpg
2016/3/8 13:59 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
212mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1250秒 +0.3EV) WB:5300K ISO:200 Vintage 十輪寺


2016030902.jpg
2016/3/8 14:23 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/2050秒 +1.3EV) WB:4500K ISO:200 Natural 十輪寺


2016030903.jpg
2016/3/8 14:58 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
300mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/8000秒 +0.7EV) WB:4500K ISO:200 FantasicFocus 十輪寺


2016030904.jpg
2016/3/8 15:34 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/1600秒 +1.0EV) WB:4500K ISO:200 Vintage 十輪寺


2016030905.jpg
2016/3/8 15:43 OLYMPUS E-M1 + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
230mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/400秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 十輪寺


前日は冷たい雨、さすがに来ていたのはほぼ私だけ。
この日は一転して20度超えの初夏の陽気。
しかも新聞に載ったらしく大賑わい。
一日しか経っていないけど、この暖かさのせいか
すっかり景色が変わってしまっている。


「がんばろうニッポン」
もはや死語?


[edit]