FC2ブログ

かっぱのあしあと

明日は我が身 





先月のブログ更新はたったの4回です。
もう少し頑張れたかも、でしたが職場の引越しや
業務の建て直しなどに忙殺され心身ともに
ブログに手を付ける余裕はありませんでした。

さらに緊急事態宣言に伴い撮影の機会も激減しました。
遠出に使うSUV車も3月頃から使う機会が減り
ほとんど給油することなくバッテリーも心配でした。
今でも県境を跨ぐ移動は自粛が要請されており
少なくとも6月18日までは活動が制限されます。

とはいえ、先月末まで休業、閉鎖されていた施設などが
続々と開園し始めたおかげで、辛うじてこの時期ならではの
撮影対象や訪問地が確保できるようになってきました。
久々に訪れた公園でしたが、再開初日にもかかわらず
訪れる人は非常に少なくやや予想外でした。



浜名湖ガーデンパーク
2020/6/1 15:33 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 60mm F2.8 Macro
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/100秒 -0.3EV) WB:6800K ISO:640 BleachBypass 浜名湖ガーデンパーク



いつもなら花の咲き具合とか天候とか休みのスケジュールとかを
見合わせながら次の予定を立てるのが楽しみでした。
しかし今年はどこまで行けるのか、いつになったら入れるのか、
このまま今年は諦めるしかないのかを考えては滅入ります。


今人類が対峙する共通の対象は新型コロナウイルスです。
しかし国や政府、州や都道府県とその知事らによって
対応はまちまちであり、その結果そこに住む人々の
健康や生命、経済や人生そのものに格差が生じています。

人類共通の問題といえば地球温暖化ですが、こちらは
温暖化を招いた先進国と被害者とも言える途上国との間に
対決構造があり一向に問題が解決する見込がありません。
一方でコロナ対人類という構図なら、全地球規模で協力や
助け合いをすることも可能です(容易でないことは米中を見れば分かるが)。

世界各地で震源地を変えながら広がりを見せるコロナウイルス。
わずか明日のことでさえ予想も出来ず日替わりで状況が変化します。
何を信じどう行動すればいいのか、そろそろ学んできたはずです。
同じ過ちに対してはNOを言うこと、何が正しいのかを広い視野で
学び自らの困難に活かすことができるか、私たちが試されています。





スポンサーサイト



[edit]

トンネルの先に 




7週間前の4月7日、東京都など一部地域で
当面5月8日まで「緊急事態宣言」が発令されました。
その後4月16日には全国に宣言が拡大されます。
更に解除の期限を5月末日まで延長しました。
そして今日、5月31日を待たずに全国で解除されました。

その間に何があったか、何が起きたか、何が変わったか。
連日の報道などで忘れかけていますが、
非常に危惧しているのは「新たなるステージ」などと言って
検証や反省をしないまま前しか見ずに進んでしまうことです。

今でもほとんどの人がマスクをしています。
レジの前には足型があって距離を取れと指示しています。
レジには店員との間に透明なシートが下げられています。
至る場所に消毒液のボトルがあったり窓が開けられていいます。
店の前には「テイクアウトできます」の看板が立ちます。
まだ立入のできない施設や駐車場が数多く存在します。

宣言解除でどう変わるのか、変わらないのか。
私たちはいつまでマスクをしなければならないのか。
いつから三密が許されるのか、いつになれば
好きな場所へ旅行ができるのかまだはっきりと分かりません。

そして感染症が二度と襲ってこない保証などありません。
潰れてしまった店や会社は再び開くこともありません。
コロナで亡くなった人たちも戻ってはきません。
経済だって昨年までのようにはならないでしょう。
どうしてこんなに大きな損失を被ってしまったのか。

「2020年に世界でコロナが流行ったんだよ」だけの
浅薄な記憶では許してはならないと思うのです。



小國神社
2020/5/18 12:25 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/80秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:640 Natural 小國神社



小國神社
2020/5/18 11:36 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
200mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/200秒 +1.3EV) WB:4000K ISO:1600 Vintage 小國神社



小國神社
2020/5/18 11:07 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
68mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:200 Natural 小國神社



小國神社
2020/5/18 11:01 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
194mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/200秒 -0.7EV) WB:5000K ISO:320 ToyPhoto 小國神社



小國神社
2020/5/18 12:08 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
80mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/80秒 +1.0EV) WB:5000K ISO:800 Natural 小國神社



「今年の新語・流行語」は何になるでしょう。
「今年の漢字」は何になるでしょうか。
まだ今年は半分も終わってもいません。
これから猛暑や台風で被災するかもしれないし
恐慌や戦争が起こらないとも限りません。
ただ、いつもの年とは違うことは間違いないでしょう。



[edit]

引き潮のとき 




東京などを除いて、39都県で緊急事態宣言が解除されました。
デパートやレジャー施設の一部は再開し人出が見られました。
しかしこちら静岡県でも、まだ多くの施設や観光地の駐車場などは閉鎖中です。
周辺地域も県境を跨ぐ移動を自粛するようにと制限されています。

「第二波」 これが開放感を抑えている主因です。
「気の緩み」が再び感染拡大を呼ぶのではないかと言います。
とはいえ、長い自粛(という名の抑圧)の間に人々は「学び」ました。
宣言解除地域でも一気に元通りの対応はしていません。

たとえ市中の人出が増えたとしても、感染者が出るのはわずかでしょう。
むしろ現在問題になっているのは院内感染や介護施設での感染です。
いつまで経ってもまともな休業補償もないまま死に絶えてしまうよりは、
十分注意をしながら限定的に営業を再開する方がマシではないかと。



小國神社
2020/5/18 11:09 OLYMPUS E-M5 MarkIII + M.ZUIKO 12-40mm F2.8 PRO
24mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/60秒 +0.3EV) WB:5000K ISO:500 Natural 小國神社



小國神社
2020/5/18 11:21 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
150mm相当 絞り優先AE(f/6.3 1/125秒 +0.3EV) WB:4500K ISO:2500 Natural 小國神社



小國神社
2020/5/18 12:01 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
190mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/200秒 +0.7EV) WB:5300K ISO:1000 Natural 小國神社



小國神社
2020/5/18 11:10 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
120mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/100秒 +2.0EV) WB:5300K ISO:800 Natural 小國神社



小國神社
2020/5/18 11:45 OLYMPUS E-M1 MarkIII + M.ZUIKO 40-150mm F2.8 PRO
220mm相当 絞り優先AE(f/2.8 1/250秒 -0.7EV) WB:5800K ISO:1600 ToyPhoto 小國神社




宣言解除に伴って、「コロナ後」の話が始まっています。
V字回復という声もありますが、恐らくV字どころか昨年までの
経済や生活を取り戻すことはほぼ不可能だろうと思います。
手遅れ続きの政府の対応を見れば、インバウンドの回復は無理でしょう。
企業倒産やリストラで個人消費は壊滅、多くの外国人が帰国したため
経済活動を再開しようにも深刻な人手不足が襲います。

コロナ禍は各地域の人智やリーダーの資質をあからさまにしました。
今後「コロナ後」になったら「やれやれ終わった」ではなく、
行政府などの対応をしっかりと検証することが必要です。
同じ過ちを繰り返さないためにも。



[edit]

明日を知る人は 




「不要・不急の外出を控えるように」と言われて、
じゃ、カメラを持ってブラブラするのはどうなんだろうと
考えてみると「不要・不急」だわなと思ってしまうし
恐らく多くの第三者から見ればそうなんだろうと。

今だに多くの施設や店などは休業中だし遠出も出来ない、
だからどこへも行けないし何も撮れない毎日。
「写真なんてコロナ明けでいいだろ」と言われそうなんだけど、
三密や感染防止を心がければ問題ないのではと思える。

自然相手のネイチャーなら最低限度の活動はできそうなものだけど、
県境を跨げないとなると行ける場所は限られるし
今の時期は被写体も非常に限られるので困ったものです。
せめて星景ぐらいはと思っても、例によって休みと天気と
月齢がちぐはぐで未稼働のポラリエUも湿りがちです。


浅間神社
2020/5/5 13:04 SONY RX100M6 浅間神社
24mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/30秒 -2.0EV) WB:5000K ISO:320



浅間神社
2020/5/5 12:47 SONY RX100M6 浅間神社
111mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/125秒 -0.7EV) WB:5600K ISO:160



浅間神社
2020/5/5 12:49 SONY RX100M6 浅間神社
18mm相当 絞り優先AE(f/4.0 1/50秒 -1.7EV) WB:5300K ISO:200



城北公園
2020/5/5 11:11 SONY RX100M6 城北公園
38mm相当 絞りAE(f/4.5 1/200秒 +0.3EV) WB:5300K ISO:1250



浅間神社
2020/5/5 12:45 SONY RX100M6 浅間神社
169mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/200秒 -0.3EV) WB:5800K ISO:1000



会社の会議(もちリモートで)では、早くもアフターコロナに向けた方策。
市中でも、緊急事態宣言は今月中にも解除されるだろうという空気。
夏が来ればコロナも弱まるだろうという根拠不明な楽観視。
いつかは収束するだろうけど、誰も将来の頃はわからないはず。
忘れてはいけない、人間は愚かな生き物であることを。




[edit]

悪夢の先の悪夢 




当初の予想通り、緊急事態宣言は5月一杯まで延長されました。
この辺のやり方も下手で、本来なら韓国などのように
初動で厳しい規制をかけて人の動きを止め、
徹底した検査と隔離で感染者を非感染者に接触させないことで
感染拡大を抑え死亡者を多く出さないことが可能なのです。

しかし日本はイギリスやアメリカなどと同様に初動で失敗し
その後も曖昧な「補償なき自粛要請」で感染者を抑えられず
結局は韓国も出さなかった緊急事態宣言に頼りました。
この間にも一向に増えないpcr検査とかいつまでも届かない
給付金、一方で役に立たない動画や汚染マスクなどと
失点続きで世界の笑いものかもしれません。

「新らしい生活様式」なるワケの分からない言葉も出たけど、
コロナ後にやってくるのは今以上に過酷な格差社会でしょう。
倒れた店や会社は勿論、既存の企業も大幅なリストラは必至だし、
人手不足から改善しかけていた労働環境や賃金体系は
「コロナだから仕方ない」と一気に崩壊するかもしれません。

労働現場の非正規化が進み、外国人が集まらないため
過重労働が激化、冷え込んだ消費はすぐには戻らず
V字回復どころか再び氷河期がやってくると思われます。
「リーマンショックの再来に備えて」という言い訳で
巨額の内部留保を溜め込む大企業は益々焼け太り、
人件費の削減が私たちの暮らしを追い込んでゆくでしょう。

いつまでも「団結」だの「絆」だので誤魔化し続けるのか、
その前に日本は萎んで消え去るのでしょうか。


用宗
2020/4/26 11:08 SONY RX100M6 用宗
28mm相当 絞り優先AE(f/3.2 1/2500秒 +0.0EV) WB:5000K ISO:125



用宗
2020/4/26 12:19 SONY RX100M6 用宗
35mm相当 絞り優先AE(f/3.5 1/400秒 -1.0EV) WB:5300K ISO:125



用宗
2020/4/26 10:17 SONY RX100M6 用宗
24mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/250秒 -1.0EV) WB:5500K ISO:125



城北公園
2020/5/5 11:24 SONY RX100M6 城北公園
24mm相当 絞り優先AE(f/5.6 1/160秒 -0.3EV) WB:5300K ISO:125



城北公園
2020/5/5 11:18 SONY RX100M6 城北公園
200mm相当 絞り優先AE(f/4.5 1/250秒 +1.3EV) WB:5300K ISO:125



このGW、街の景色は一変するしあらゆる施設は閉鎖、
駐車場すら入れずホームセンターやショッピングモールは大混雑。
この調子で今月いっぱい続けることが果たしてできるのか、
こういった危機の時に、その国の民度やリーダーの資質が現れます。
長らく見下していた韓国や台湾の方が遥かに対応は素早く的確でした。
コロナが終わった後には、日本はこの東アジアで存在感を失うでしょう。

韓国や台湾はかつて経験したSARSやMARSの禍根から、
世界で最もスピーディで適切な感染症への対応ができました。
果たして日本は、今回の経験を今後に活かせるでしょうか。
クルーズ船の失敗が本土で活かせなかったのを見ても、
ほとんど期待できないように思えるのです。



[edit]